三陸鉄道、新車両3両投入へ

2012年6月22日(金)13時15分

新型車両(外観イメージ)
新型車両(外観イメージ)

三陸鉄道は19日、2013年2月に南リアス線へ新型車両3両を投入することを明らかにした。

新型車両の車体長は18メートルで、定員は36-200形と同じ110人。従来形に比べ、座席の間隔、窓のサイズが広がり、バリアフリー対策の1つとしてドア幅も拡大。客室床面を下げ、乗降用ステップもなくす。また、座り心地のよいシートへの変更、和風の雰囲気の採用も進める。外観の塗色は、従来通り白地に赤帯と青帯という構成を保ちつつ、線に丸みを持たせ、柔らかさ、親しみやすさを表現するデザインとしている。

今回投入する3両は、クウェート国の支援により購入するもの。投入に伴い、東日本大震災の津波被災により使用できなくなった南リアス線所属の車両を入れ替える。投入時期は、2013年2月の予定。

2012年6月22日(金)15時18分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全76件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全160件

三陸鉄道 新車両で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全26件

鉄道コムおすすめ情報

画像

広幅の小田急新型

小田急が新型車両「5000形」を発表。2000形以来の拡幅車体を採用し、車内空間を拡大。

画像

大宮 鉄道ふれあいフェア

5月25日、大宮総合車両センターなどで開催。展示車両は、EF81-139、EF65、カヤ27など。

画像

なろうブルー、お色直し

四日市あすなろう鉄道の「なろうブルー」編成が順次グリーンに。変更タイミングにあわせたスタンプラリーを開催。

画像

改元関連イベント続々

平成から令和へ。改元を記念したきっぷ、列車などの情報が各社から続々と発表。リリース一覧でご覧ください。

画像

Laviewが新宿線へ

西武の新型特急「Laview」が、ゴールデンウィーク期間中に新宿線で運転。

画像

4月の鉄道イベント一覧

平成最後の月となりました。4月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

画像

5月の鉄道イベント一覧

いよいよ新しい元号。5月の計画は、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 相鉄12000系営業運転開始[2019年4月20日(土)]
  • 箱根登山鉄道100形103-107編成引退[2019年7月]
  • 伊豆急100系引退[2019年7月]
  • 京急空港線加算運賃引き下げ[2019年10月]
  • 新潟・庄内エリア向け観光列車導入[2019年10月]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]
  • 上野動物園モノレール休止[2019年11月1日(金)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: