鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

北陸新幹線延伸区間の特急料金が発表、東京~敦賀間は計1万6360円、大阪~金沢間は計9410円に

2023年9月22日(金)15時25分

JR西日本、JR東日本は22日、2024年3月16日開業予定の北陸新幹線金沢~敦賀間にかかわる特急料金について、国土交通大臣に申請した。

北陸新幹線用の車両
北陸新幹線用の車両

主な区間の特急料金(大人、普通車指定席、通常期)は、東京~小松間が6900円、東京~福井・敦賀間が7230円、長野~敦賀間が5820円、金沢~福井間が2400円、金沢~敦賀間が3170円。運賃は改めて算定し、国に報告するとしているが、予定する運賃と特急料金の合計額は、東京~敦賀間が1万6360円、金沢~敦賀間が5480円などとなる。

グリーン料金は、東京~敦賀間が8380円など、グランクラス(A)料金は、東京~敦賀間が1万6760円など。隣接駅間の自由席利用時に適用する特定特急料金や、グリーン料金、グランクラス料金などは、本申請の認可後に届け出るとしている。

JR西日本はあわせて、敦賀駅で北陸新幹線と在来線特急列車「サンダーバード」「しらさぎ」を乗り継ぐ場合に適用する割引制度について発表した。

新幹線・在来線の乗継駅となる敦賀駅
新幹線・在来線の乗継駅となる敦賀駅

同制度は、新幹線の富山~敦賀間と在来線特急を、改札を出場せずに乗り継ぐ場合に適用するもので、双方の特急料金を割り引いた額を合算した額で特急券を発売する。指定席利用時には、通常は2列車分の指定席料金相当額を適用するところ、これを1列車分の相当額のみとする。新幹線開業後の運賃・特急料金合計額は、大阪~金沢間が9410円(現行7790円)、名古屋~金沢間が9080円(現行7460円)、京都~富山間が8820円(現行9040円)などとなる。

敦賀駅での乗り継ぎ時における料金制度
敦賀駅での乗り継ぎ時における料金制度

両社では、本申請の認可後、北陸新幹線にかかわる特別企画商品の発売についても発表するとしている。

2023年9月22日(金)15時25分更新

鉄道コムお知らせ

画像

抽選で5000円分プレゼント

年に1度の鉄道コムアンケートを実施中。抽選でアマゾンギフト5000円分を進呈します

画像

好きな車両に一票を

東日本を走るクロスシートつき車両のなかから、好きな形式に投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 神戸市新長田駅リニューアル工事完了[2024年3月]
  • 北陸新幹線金沢~敦賀間開業[2024年3月16日(土)]

鉄道コムおすすめ情報

画像

東武「いちごスペーシア」

栃木県誕生150年を記念して、「スペーシア」1本がいちごデザインに。車内シートも一部変更。

画像

小田急以外のロマンスカー

小田急以外の会社にも存在した「ロマンスカー」。中には路面電車にも!? その歴史をたどります。

画像

JR新宿駅発の行先の変化

20年前には「恵比寿」「村上」といった行先が見られた新宿駅発の列車。現在と比較します。

画像

現役国鉄型いつまで走る?

国鉄型の185系や103系は、いつまで走るのでしょうか?その行く末を分析します。

画像

一面の銀世界で鉄道写真撮影!

雪が降る季節だからこそ鉄道写真!「降雪」「雪煙」「霜氷」を絡めた撮影方法をプロが解説。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2023年も残りわずか。師走の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。