鉄道コム

JR東、在来線にレーダ雨量を活用した運転規制を導入

2023年6月6日(火)15時39分

JR東日本は6日、在来線全線区に対し、レーダ雨量を活用した新たな運転規制を追加導入すると発表した。

新たな運転規制は、気象庁や国土交通省が配信する1キロメッシュの面的雨量を活用。線路沿線上のレーダ雨量が規制基準値を超えた場合、その範囲内の区間に対して運転規制を発令する。

従来の方式では、JR東日本が駅などに設置した雨量計で雨量値を観測し、運転規制の発令に活用している。これに対し、新たな運転規制は、気象庁や国土交通省が配信する1キロメッシュの面的雨量を活用。これにより、雨量計が設置されていない箇所の降雨が把握できるようになり、局地的豪雨に対する列車の安全性向上につなげる。

運転規制の概要
運転規制の概要

JR東日本は、新たな運転規制の追加導入にあたり、既存の運転規制にかかわるシステムを改修。新たな規制情報と従来の運転規制情報をシステムで統合して列車に伝えることで、速やかに規制を実施できるとしている。

運転規制の流れ
運転規制の流れ

新たな運転規制は、2023年6月18日の使用開始を予定する。

2023年6月6日(火)15時39分更新

鉄道コムお知らせ

画像

好きな寝台に一票を

サンライズエクスプレスの寝台のなかから、好きな種類・位置に投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

  • 東急初代5000系復原保存[2022年以降]
  • 「フルーティアふくしま」運転終了[2023年12月]

鉄道コムおすすめ情報

画像

西武6000系が黄色に

西武有楽町線開業40周年記念企画。西武6000系が営団7000系をモチーフとしたデザインに。

画像

323系万博ラッピング車両

「大阪・関西万博」のラッピング車両。11月末から大阪環状線、JRゆめ咲線で運転。

画像

東急・小田急の車両が西武へ

西武鉄道が導入する「サステナ」車両。東急9000系と小田急8000形の譲受が発表されました。

画像

目蒲線開通100周年記念臨

東急目蒲線(現:目黒線・東急多摩川線)の開通100周年を記念。事前申込制で乗車可。

画像

秋の風景は「逆光がベスト」!?

テクニックで化ける秋の風景写真。プロが解説する、紅葉や月とあわせた鉄道写真の撮り方は?

画像

10月の鉄道イベント一覧

芸術、食欲、そして鉄道の秋。鉄道の日イベントの情報は、イベントページのカレンダーから。