鉄道コム

神戸市、板宿駅リニューアル工事のデザイン案投票を受付

2023年3月17日(金)14時18分

神戸市交通局は、西神・山手線の板宿駅で実施する大規模リニューアルについて、内装デザインの投票を受け付けると発表した。

A案のコンコースデザイン(イメージ)
A案のコンコースデザイン(イメージ)

板宿駅は、西神・山手線の中で最も古い駅の一つで、開業から46年が経過している。同局では、配線・配管の取り替え工事、施設の長寿命化といった施設の老朽化対策とあわせ、駅リニューアル工事を実施することで、内装のイメージアップを図ることとした。

同局は、駅リニューアルに際して、デザイン候補3案を公開。市民からの投票により、採用デザインを決定する。

A案のコンセプトは、「『まちの継承』~アーケードをモチーフに過去・現在・未来と続くまちを表現~」。板宿本通商店街のアーケードをモチーフに、商店街から一連となる駅空間を構築。木調の素材感で、まちの温もりや優しさを表現するほか、間接照明により、アーケードから降り注ぐ光のような柔らかい空間を演出する。

プラットホーム(A案デザインイメージ)
プラットホーム(A案デザインイメージ)
地上出入口(A案デザインイメージ)
地上出入口(A案デザインイメージ)

B案のコンセプトは、「『まちの拡がり』~縦横に拡がる商店街の街割りを基調にした格子状デザイン~」。いくつもの商店街で形成される街割りがモチーフで、木調と金属パネルの素材感で洗練されたデザインを目指す。

コンコース(B案デザインイメージ)
コンコース(B案デザインイメージ)
プラットホーム(B案デザインイメージ)
プラットホーム(B案デザインイメージ)
地上出入口(B案デザインイメージ)
地上出入口(B案デザインイメージ)

C案のコンセプトは、「『まちの活気』~まちの賑わいと温もりを落ち着いた調子で表現~」。木調の素材感でまちの温もりなどを表現するほか、改札機や券売機などのエリアを円形の飾り天井で空間化し、賑わいや活気を感じられる空間とする。また、須磨区の花「コスモス」や須磨区の木「松」をイメージしたアクセントを、各箇所に配置する。

コンコース(C案デザインイメージ)
コンコース(C案デザインイメージ)
プラットホーム(C案デザインイメージ)
プラットホーム(C案デザインイメージ)
地上出入口(C案デザインイメージ)
地上出入口(C案デザインイメージ)

投票受付期間は、3月17日9時から4月16日23時59分まで。同局ウェブサイトにて受け付ける。決定したデザインは、4月下旬に発表するとしている。

板宿駅のリニューアル工事は、2024年度に着工。2026年春ごろの完成を予定する。

2023年3月17日(金)14時18分更新

鉄道未来インデックス

  • 西武特急料金・座席指定料金改定[2023年7月1日(土)]
  • 東武鉄道N100系「スペーシア X」営業運転開始[2023年7月15日(土)]
  • odecaリニューアル[2023年7月]
  • 日田彦山線BRT営業運行開始[2023年夏]

鉄道コムおすすめ情報

画像

成田エクスプレス塗装変更

「新生E259系としての進化」をコンセプトに、前面・側面にシルバー基調のカラーを配置。

画像

SANZEN-HIROBA開業

京阪のSANZEN-HIROBAが、4月21日にリニューアルオープン。新たに5000系などを展示。

画像

同じ県内の離れた「同名駅」

北上線と由利高原鉄道の黒沢駅など、同じ県内にある同名の駅。7つあるその組み合わせとは?

画像

鉄道マイスター検定出題者は

鉄道マイスター検定はこんな経歴者が問題を作成。第2回の傾向と対策を聞きました

画像

相鉄20000系はJRに入れる?

3月18日に開業した、相鉄・東急新横浜線。鉄道ファンとして気になる入線可能な路線…

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。

第2回鉄道マイスター検定 問題例

新幹線で一般的になった電車線(架線)の構造は次のうちどれか。正しいものを選択せよ。

  • ① 剛体架線
  • ② き電ちょう架線
  • ③ シンプルカテナリー
  • ④ ヘビーコンパウンド
  • ⑤ 合成電車線

(出題範囲「新幹線」の問題例)