鉄道コム

相鉄・東急直通線の運賃を申請、渋谷~新横浜間は358円に

2022年8月9日(火)15時59分

相模鉄道と東急電鉄は9日、「相鉄・東急直通線」(相鉄新横浜線・東急新横浜線)の旅客運賃設定について、同日付で国土交通大臣に認可申請した。

相鉄・東急直通線や関連路線を走る予定の車両
相鉄・東急直通線や関連路線を走る予定の車両

新横浜線では、設備投資費用の回収を目的とした「加算運賃」を導入。相鉄区間では、大人普通旅客運賃は40円、通勤定期旅客運賃は1か月1520円など、東急区間では、大人普通旅客運賃は70円、通勤定期旅客運賃は1か月2620円などを、基本運賃に加えた額とする。予定する大人普通運賃(交通系ICカード利用時)は、二俣川~新横浜間が269円、海老名~新横浜間が384円、渋谷・目黒~新横浜間が358円、日吉~新横浜間が250円などとなる。

相鉄の加算運賃設定区間
相鉄の加算運賃設定区間
東急の加算運賃設定区間
東急の加算運賃設定区間

また、東急新横浜線の新綱島駅については、東横線の綱島駅と近接しているため、両駅から東横線・目黒線方面への運賃が同額となるよう設定する。加えて、定期券利用時は両駅を同一駅扱いとし、有効区間内に日吉~綱島間を含む定期券は新綱島駅で、日吉~新綱島間を含む定期券は綱島駅で、それぞれ乗降が可能となる。

綱島駅・新綱島駅の取り扱い
綱島駅・新綱島駅の取り扱い

相鉄はあわせて、IC通勤定期券の券面表示区間内に相鉄新横浜線の西谷~新横浜間を含む場合、相鉄本線の横浜駅でも乗降可能とするサービスの導入を発表した。サービスの名称は、決まり次第発表するとしている。なお、本サービスは、IC通学定期券や磁気定期券は対象外となる。

サービスの利用イメージ
サービスの利用イメージ

相鉄・東急直通線は、相鉄線と都心方面を直通する「神奈川東部方面線」の1つ。西谷~新横浜間の相鉄新横浜線、新横浜~日吉間の東急新横浜線の2路線で構成される。現在は「相鉄・JR直通線」として相鉄新横浜線の西谷~羽沢横浜国大間が営業しており、残る羽沢横浜国大~新横浜~日吉間は、2023年3月の開業を予定している。

2022年8月9日(火)15時59分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全4件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全74件

相鉄・東急直通線 運賃申請で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全7件

鉄道コムお知らせ

画像

好きなJRの特急車両に一票を

全国を走るJRの現役特急車両のなかから、好きな車両にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京阪800系25周年

京阪800系の誕生25周年記念ヘッドマークが、10月4日に掲出開始。地下鉄直通25周年版も。

画像

「ラピート」泉北ライナーへ

「ラピート」用の50000系が、特急「泉北ライナー」に投入。11月1日から1日5~6往復運転。

画像

「はるか」全列車運転再開

関空特急「はるか」が、11月1日に11往復の運転を再開。運休中の全列車が運転再開に。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

鉄道イベント検索の新定番

臨時列車の区間やグッズ販売の場所を全国地図で表示する機能が登場。期間や条件の絞り込みも

画像

10月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2023年1月]
  • 東海道新幹線新型レール削正車導入[2023年1月]