鉄道コム

阪急・阪神、バリアフリー設備投資に向け2023年に運賃値上げへ

2022年8月3日(水)18時38分

阪急電鉄と阪神電気鉄道は3日、駅バリアフリー設備の整備拡大に向け、運賃の加算を実施すると発表した。

阪急電鉄十三駅のホームドア
阪急電鉄十三駅のホームドア

今回の加算は、国が創設した「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用するもの。神戸高速線を除く阪急各線、阪神各線が対象で、各社とも、普通旅客運賃は大人10円、通勤定期旅客運賃は1か月380円などを、「鉄道駅バリアフリー料金」として運賃に加算して収受する。小児運賃の加算料金は大人の同料金の半額とするほか、通学定期旅客運賃は加算対象外となる。

両社はこれまで、駅バリアフリー設備の整備を進めており、阪急では約98%、阪神では100%の駅が、エレベーターやスロープによるバリアフリー化を実現しているという。また、阪急では神戸三宮駅や十三駅の一部、阪神では神戸三宮駅や大阪梅田駅の一部に、可動式ホーム柵を設置。阪急では、スペースが限られる春日野道駅や中津駅へもエレベーターを整備し、全駅のバリアフリー化実現を目指している。一方、バリアフリー設備の整備に向けては、阪急では2021年度~2035年度に約900億円、阪神では2022年度~2035年度に約320億円超が必要になるとしている。

阪神電気鉄道大阪梅田駅のホームドア
阪神電気鉄道大阪梅田駅のホームドア

鉄道駅バリアフリー料金は、バリアフリー設備の整備に充当。年間の徴収額は、阪急が約37億円、阪神が約14億円を見込む。収受開始は2023年4月1日を予定している。また今後、阪急では2040年度末ごろまでに、阪神では2042年度ごろまでに、全駅への可動式または固定式ホーム柵の設置を目指すとしている。

2022年8月4日(木)14時17分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全4件

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 川崎重工PA-5増備車両トランスハドソン公社向け納入完了[2022年]
  • 東横線デジタルATC導入[2022年]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]