鉄道コム

南海、和歌山港線で2023年度に自動運転の実証実験を開始へ

2022年6月16日(木)15時20分

南海電気鉄道と京三製作所は16日、和歌山港線にて自動運転の実証実験を実施すると発表した。

和歌山港線で実施する自動運転は、既存の信号機やATS(自動列車停止装置)といった設備を活用しつつ、新たな設備を整備して対応するもの。車両側の設備としては、自動列車運転装置や、自動運転列車の乗務員用の操作表示部を新設。地上設備としては、これまで運転士が確認・判断していた、信号機の現示や走行経路情報といった情報を、車両の自動列車運転装置に伝達するための設備を一部新設する。

和歌山港線の自動運転システムの概要
和歌山港線の自動運転システムの概要

鉄道の自動運転は、国際公共交通連合(UITP)によって、GoA0からGoA4までの5段階に分類されている。また、日本においては、UITPによらない分類として、いわゆる「GoA2.5」が検討されている。今回南海が実証実験を経て目標とするレベルはGoA2.5で、先頭部に運転士ではない係員が乗務し、非常時には緊急停止スイッチの操作や避難誘導を担うこととなる。

自動運転のレベル分け
自動運転のレベル分け

南海の実証実験は、2023年度より実施する予定。昼夜の試運転車両において、運転士が乗務した状態で実施し、乗客を乗せた営業列車では実施しない。同社では、実証実験の詳細については、改めて知らせるとしている。

2022年6月16日(木)15時20分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全15件

南海 自動運転で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: