鉄道コム

西九州新幹線のダイヤが発表、新在来線特急は「かささぎ」に

2022年6月10日(金)15時7分

JR九州は10日、西九州新幹線のダイヤを発表するとともに、在来線のダイヤを改正すると発表した。

西九州新幹線「かもめ」
西九州新幹線「かもめ」

西九州新幹線は、武雄温泉~長崎間を結ぶ新幹線。列車名は「かもめ」で、定期列車は1日あたり47本、1時間あたり片道1本(朝夕時間帯は2本)を運転する。47本中3本は新大村~長崎間の区間運転とするほか、7本は嬉野温泉駅および新大村駅を、12本は嬉野温泉駅を通過する速達タイプとする。

西九州新幹線の停車パターン
西九州新幹線の停車パターン

また、始発駅の武雄温泉駅では、在来線特急「リレーかもめ」と接続。同じホームでの対面乗換方式とする。新幹線開業後の所要時間は、博多~長崎間が最速1時間20分、新大阪~長崎間が最速3時間59分(いずれも乗換時間を含む)、武雄温泉~長崎間が最速23分となる。

片道1時間あたりの運行体系イメージ
片道1時間あたりの運行体系イメージ

新幹線開業後の在来線は、長崎本線特急列車の運行体系を変更する。博多~長崎間の「かもめ」は、「リレーかもめ」へと変更。門司港~博多~佐賀~肥前鹿島間では、在来線特急「かもめ」に代わる列車として、特急「かささぎ」を運転する。佐世保方面の特急列車は運行体系に大きな変更は無いものの、博多~佐世保間の特急「みどり」の一部列車に振り子式車両885系を投入。所要時間を最大9分短縮する。また、武雄温泉駅で新幹線と接続する「みどり」「ハウステンボス」の列車名を「みどり(リレーかもめ)」「ハウステンボス(リレーかもめ)」とする。

特急列車の運行体系
特急列車の運行体系
「みどり」に投入する885系
「みどり」に投入する885系

快速・普通列車では、長崎本線江北(肥前山口)~諫早間の運行体系を変更。肥前浜~長崎間は非電化区間へと変更し、同区間を中心に気動車列車での運転とする。気動車の運行は江北~諫早間を基本とし、一部列車は肥前浜駅で電車との接続となるが、肥前浜駅、諫早駅ともに対面乗換とし、利便性に配慮する。気動車列車の使用車両はキハ47形で、このほか長崎~諫早~小長井間ではハイブリッド車両のYC1系も一部列車で使用する。

江北~諫早間の運行体系
江北~諫早間の運行体系

駅関連では、西九州新幹線の新駅、嬉野温泉駅と新大村駅が開業。大村線では、新大村駅、大村車両基地駅が開業する。また、長崎本線と佐世保線の分岐駅である肥前山口駅は、江北駅に名称を変更する。

D&S列車では、新たな列車「ふたつ星4047」を武雄温泉~長崎間で運転。また、「36ぷらす3」は従来の博多~長崎間での運転を9月19日に終了し、ダイヤ改正以降は新たなルートで運行する。

ふたつ星4047(イメージ)
ふたつ星4047(イメージ)

このほかのエリアでは、特急「ソニック」臨時列車1本の定期列車化、鹿児島本線門司港~大牟田間の日中時間帯における運行体系変更、および同区間における日中時間帯の快速列車運転取り止め、博多・小倉エリアの一部列車削減などを実施する。

また、肥薩線の豪雨災害によって同線での運転を取り止めていたD&S列車「かわせみ やませみ」を、新たに豊肥本線で運転。熊本~宮地間で、土休日を中心に1日1往復運転する。

新ダイヤの施行日は、2022年9月23日(金・祝)。

2022年6月10日(金)15時7分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全13件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全154件

西九州新幹線 ダイヤで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全7件

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

羽田空港駅の引上線工事

羽田空港第1・第2ターミナル駅の引上線新設工事に着手。2025年度頃には仮通路を供用。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「プレミアムカー」5周年

京阪「プレミアムカー」が導入5周年。ヘッドマーク掲出、グッズ販売、ノベルティ配布などを実施。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 東横線デジタルATC導入[2022年]
  • 川崎重工PA-5増備車両トランスハドソン公社向け納入完了[2022年]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: