鉄道コム

JR東海、一部仕様変更したN700Sを19本導入へ

2022年5月27日(金)19時8分

JR東海は27日、東海道新幹線へN700Sを追加投入すると発表した。

東海道新幹線のN700S
東海道新幹線のN700S

N700Sは、2020年にデビューした新幹線車両。従来車に対し、安全性・安定性の向上や異常時対応力の強化、環境負荷の低減などを図っている。同社は今回、2023年度から2026年度にかけて19本の追加投入と、追加投入編成の一部仕様変更を発表した。

追加投入編成では、車いすスペースのコンセント位置を床面に近い位置から窓に近い位置へ変更するほか、多目的室の窓高さを変更し、車いす利用者の利便性向上を図る。また、アルミ部材リサイクル品の使用部位を拡大。従来は、廃車となった新幹線車両のアルミスクラップを、内装部品の一部へとリサイクルしていたが、今回新たに屋根の一部もリサイクル部材の使用範囲とする。

コンセント位置の変更
コンセント位置の変更
多目的室窓の高さ変更
多目的室窓の高さ変更

新たに導入する編成は、2023年度に2本、2024年度、2025年度に各7本、2026年度に3本の計19本を予定。工事費は約1140億円を見込む。

2022年5月27日(金)19時8分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全9件

  • JR東海は2022年3月24日、プレスリリースにて2023年度までにN700Sを40本投入すると公表した( 2022年度重点施策と関連設備投資について )。またJR東海は2022年5月27日、プレスリリースにて2023年度以降もN700Sを毎...

    Rapid W plusさんのブログ

  • JR東海、N700Sを19編成追加導入へ

    • 2022年5月28日(土)

    「 東海道新幹線「N700S」19編成を追加投入へ 2026年までに順次 廃材リサイクル強化 」by 乗りものニュースJR東海で使用されている最新新幹線車両の「N700S」を2023年度から2026年度までにかけて19編成追加導入...

    柴みんさんのブログ

  • /blogimg.goo.ne.jp/user_image/7a/22/59b8fafeee60a291c4123f87cb3cfdcd.jpg

    新潟の115系は7月に全廃!?

    • 2022年5月27日(金)

    前回の記事で反映出来なかったですが、東急の8500系の一味だった8631Fが一昨日長津田に回送され、昨日廃車となりました。これで、東急の8500系は、赤帯車が全滅となり、青帯車の8637Fが唯一残るだけとなりました...

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: