鉄道コム

東洋電機製造、鉄道車両用VVVFインバータ装置の遠隔監視システムを開発

2022年5月17日(火)16時28分

東洋電機製造は16日、鉄道車両用電機品の遠隔監視用IoTシステムを開発したと発表した。

今回の製品は、同社が提供するクラウド型遠隔監視・制御システムの端末ユニット「IORemoterII」を活用したもの。同ユニットを鉄道車両用VVVFインバータ装置に適用し、機器動作状態の遠隔監視を可能とした。運用中の乗車率などの負荷状況、架線電圧などの電源状況、制御装置の制御状態などの実稼働状況のほか、蓄積された遠隔監視データの分析による、経年不良などの不具合事象の予兆把握、不具合発生時におけるメーカーとのデータ共有などができるという。鉄道車両用電機品、なかでも走行制御にかかわる重要部品の遠隔監視システムとしては、同社初の事例となる。

「IORemoterII」のシステム構成例
「IORemoterII」のシステム構成例

クラウドサーバーに集約された現車データは、Webブラウザを搭載したパソコン、タブレットなどからリアルタイムで閲覧できる。列車情報装置が非搭載の車両でも追加できるため、既存の車両にも導入可能だという。

閲覧画面イメージ
閲覧画面イメージ

同製品は、2022年4月下旬から京成電鉄3100形で試験搭載を実施。営業運転中に収集したデータのクラウドサーバーへの転送・蓄積を行っている。東洋電機製造は、将来のCBM(状態基準保全)の確立に向け、さらなる機能の充実を図るとしている。

また同社は、将来の車両、鉄道システムのデジタルツイン(サイバー空間上に構築した物理レプリカ)構築を目指し、デジタルツインモデルの自社製品開発に着手。デジタルツイン構築の第一段階として、遠隔監視システムから収集されるデータを基にVVVFインバータ装置のメンテナンスモデル開発を開始したとしている。

デジタルツインのイメージ
デジタルツインのイメージ
2022年5月17日(火)16時28分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: