鉄道コム

JR東海、降雨・降雪下でのブレーキ性能向上に向け試験装置を導入

2022年5月16日(月)16時44分

JR東海は16日、東海道新幹線のブレーキ性能向上に向け、「ブレーキ総合試験装置」を小牧研究施設に設置したと発表した。

東海道新幹線
東海道新幹線

今回新たに導入した試験装置は、寒冷な雨や雪の降る環境を模擬できる装置。これらの環境下で強いブレーキを掛けた場合、車輪がレール上を滑走し、停止までの距離が長くなる場合があるという。そこで、試験装置において降雨・降雪下での走行を模擬し、様々な気象条件下で滑走を早めに収束させる性能の向上を目指す。

試験装置は、「粘着試験部」と「台車試験部」の2つの装置で構成される。粘着試験部は、車輪とレールの粘着に関する基本的な試験を実施し、ブレーキ部品の改良に活用。台車試験部では、粘着試験部で得た成果を基に、実際の台車やブレーキ装置を用いて検証する。また、本装置を用い、冬季に着雪しにくい車両構造の検討や、車両に付着した雪を落とす作業の機械化の研究開発も実施するとしている。

粘着試験部(イメージ)
粘着試験部(イメージ)
台車試験部(イメージ)
台車試験部(イメージ)

試験装置は、約28億円で導入。2021年6月より試運転などを実施し、2022年3月に本格稼働を開始した。同様の装置の設置は、鉄道業界では国内初だという。

2022年5月16日(月)16時44分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: