鉄道コム

東海道・山陽新幹線、車内に個室の「ビジネスブース」を導入

2022年4月7日(木)15時51分

JR東海とJR西日本は7日、東海道・山陽新幹線の車内で「ビジネスブース」を試験導入すると発表した。

車内ビジネスブース
車内ビジネスブース

ビジネスブースは、通常の座席とは別に設ける個室タイプの設備。7・8号車間に設置し、室内にはテーブルやハイチェア、コンセントなどを整備。一時的な打ち合わせやウェブ会議、電話などで使用できる。利用時間は1回30分以内で、1グループ2人まで利用可。利用対象は7号車の乗客に限られ、座席の案内リーフレットに記載したQRコードからの予約が必要だが、予約が無い場合は直接利用も可能だという。

利用開始画面イメージ
利用開始画面イメージ

ビジネスブースの設置対象は、N700Sの3編成。該当車両の充当列車については、当日の朝にウェブサイトにて発表する。

JR東海ではあわせて、半個室タイプの駅待合室ビジネスコーナーの拡充も発表した。既に設置済みの東京駅、名古屋駅、新大阪駅ではこれを追加整備するほか、新たに品川駅、新横浜駅、京都駅の一部待合室にも整備。東海道新幹線の全ての「のぞみ」停車駅で利用できるようになる。

駅待合室ビジネスコーナー
駅待合室ビジネスコーナー

両社では、2021年に東海道・山陽新幹線のビジネス環境整備として、「のぞみ」7号車のビジネス向け車両「S Work車両」導入などを発表。あわせて、7・8号車間の喫煙ブースを終了し、今回発表した車内の「ビジネスブース」へ改造することも告知していた。

車内「ビジネスブース」サービスは、5月9日以降、順次提供を開始。当面の間は無料で利用できるとしている。

2022年4月7日(木)15時51分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 福井鉄道F2000形営業運転開始[2023年春]
  • ノースレインボーエクスプレス営業運転終了[2023年春]
  • 737系営業運転開始[2023年5月20日(土)]
  • JR四国運賃改定[2023年5月20日(土)]

鉄道コムおすすめ情報

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

「銀色のつばさ」復活

「つばさ」用のE3系1本が、デビュー時のシルバーカラーに塗装変更。2月11日に営業運転開始。

画像

東急8500系ついに引退

1月25日に8500系8637編成が廃車回送。約48年の東急8500系の活躍に終止符を打ちました。

画像

115系カラーコレクション

新潟支社115系の塗装解説・図面集。「JRE MALL」にて受注生産で販売。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2023年も、鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。