鉄道コム

JR東、新幹線スプリンクラーのスマートメンテナンス化に着手

2022年2月7日(月)14時41分

JR東日本は7日、新幹線の散水消雪設備(スプリンクラー)の点検作業において、「残雪検知システム」を導入したと発表した。

新幹線高架上のスプリンクラー
新幹線高架上のスプリンクラー

新幹線のスプリンクラーは、降雪時に高架線上へ散水することで消雪し、雪害を防ぐための設備。これまでは作業員の歩行巡回によって不具合の有無を点検していたが、同社は今回、歩行作業の削減を目的に、同システムを導入した。

残雪検知システムでは、新幹線電気・軌道総合検測車「East i」の運転台に設置したカメラで高架線上を撮影。この撮影画像を地上監視センターへ送信し、AIにより解析することで、高架上に融かしきれずに残る雪を検知する。残雪が検知された箇所は、スプリンクラーに不具合が発生している可能性があるとして、作業員による点検を検討するという。

残雪検知システムの概要
残雪検知システムの概要

残雪検知システムは、2021年12月に上越新幹線上毛高原~新潟間で導入。JR東日本は、上越新幹線での今冬の運用状況を確認し、東北新幹線および北陸新幹線のスプリンクラーへの導入について、検討を進めていくとしている。

2022年2月7日(月)14時41分更新

該当するブログ記事はありません

上越新幹線 スプリンクラー 残雪検知システムで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全1件

鉄道コムおすすめ情報

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: