鉄道コム

長崎電気軌道、新型のバリアフリー対応「6000形」を3月導入

2022年1月31日(月)14時8分

長崎電気軌道は31日、新型車両「6000形」のデザインを発表した。

6000形(イメージ)
6000形(イメージ)

6000形は、バリアフリーに対応した車両。同社では3000形と5000形に続くバリアフリー車両となるが、連節車の両形式と異なり、6000形は1両編成での導入となる。定員は、着席28人、立席34人の計62人となり、同63人の3000形とほぼ同数とする。

同社は、2021年6月に公表した「移動等円滑化取組計画書」において、バリアフリー対応車両は2020年度における全営業車両71両中6両と、全体の約8パーセントに留まると記載。バリアフリー対応車両を2022年度までに2本(うち2021年度までに1本)導入し、対応していくことを盛り込んでいた。

6000形の営業運転開始は、2022年3月を予定する。

2022年1月31日(月)14時8分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全28件

  • _e0030537_17404771.jpg

    長崎電気軌道 6000形

    • 26日(日)22時20分

    ・2022年5月 蛍茶屋日本の路面電車に超低床電車が登場してはや25年。しかし、新車導入そのものにコストがかかること、構造が複雑であること、各地の経営状況など様々な要因でその普及は遅々としています。これは...

  • (写真)新しい長崎市を走る 浦上駅前から 諫早から区間快速シーサイドライナーに乗車した。車両はYC1系気動車の3両編成で、車端の片方にボックスシートがあった。スマホで長崎電気軌道の列車位置情報「ドコ...

  • 大浦天主堂停留場から5号系統の蛍茶屋行きに乗車しました。電車は大浦支線を戻り、新地中華街電停の手前にある分岐点を直進して本線に入ります。更に西浜町電停の先にあるデルタを直進して蛍茶屋支線に入ります。...

    キャミさんのブログ

長崎電気軌道 6000形で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全1件

鉄道コムおすすめ情報

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

黄色一色から脱却した理由は?

岡山・備後エリアに導入される227系。「黄色一色」のデザインから変化した理由を聞きました。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 岡山県北エリア新観光列車導入[2022年7月1日(金)]
  • 山城青谷駅橋上駅舎開業[2022年7月23日(土)]
  • 北陸新幹線自動運転実車試験実施[2022年度]
  • 大阪メトロ30000A系営業運転開始[2022年7月]
  • 阪神電気鉄道磁気定期券発売終了[2022年7月31日(日)]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: