鉄道コム

JR東海、新幹線用新型レール削正車を導入

2021年12月8日(水)18時0分

新型レール削正車
新型レール削正車

JR東海は8日、新型のレール削正車を導入すると発表した。

新型レール削正車では、レール断面に合わせて砥石の圧力と角度を自動的に調整する「削正支援システム」を搭載。削正対象の1区間につき、現在は砥石の圧力や角度を調整できないため、工程を4回行う必要があったが、3回に短縮できる。工程の短縮により、1日に削正できるレールの距離が伸び、従来よりも傷の発生を予防できるため、レール交換頻度の低下が可能となる。

また、消耗した砥石を個別に停止できる機能を新たに追加する。現在は、レール内方用の砥石を個別に停止することができないため、作業前にあらかじめ全て新品に交換する必要があった。新車両では、消耗した砥石を個々に停止・交換することが可能になり、過剰な交換を減らすことができる。これにより砥石の使用量、廃棄量が削減できる。

このほか、削正車が故障した際には異常が発生している箇所を表示する機能を追加し、復旧作業が迅速に行えるようにする。

メーカーは現行の車両と同じくスペノ・インターナショナルで、保有数も同じく2編成となる。1編成目の運用開始は、2023年1月の予定。

2021年12月8日(水)18時1分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線新型レール削正車導入[2023年1月]
  • 東急8500系営業運転終了[2023年1月]
  • いすみ鉄道キハ28形営業運転終了[2023年2月初旬]
  • 大竹駅橋上駅舎開業[2023年2月19日(日)]

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

「銀色のつばさ」復活

「つばさ」用のE3系1本が、デビュー時のシルバーカラーに塗装変更。2月11日に営業運転開始。

画像

115系カラーコレクション

新潟支社115系の塗装解説・図面集。「JRE MALL」にて受注生産で販売。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。