鉄道コム

JR東海、新幹線用新型レール削正車を導入

2021年12月8日(水)18時0分

新型レール削正車
新型レール削正車

JR東海は8日、新型のレール削正車を導入すると発表した。

新型レール削正車では、レール断面に合わせて砥石の圧力と角度を自動的に調整する「削正支援システム」を搭載。削正対象の1区間につき、現在は砥石の圧力や角度を調整できないため、工程を4回行う必要があったが、3回に短縮できる。工程の短縮により、1日に削正できるレールの距離が伸び、従来よりも傷の発生を予防できるため、レール交換頻度の低下が可能となる。

また、消耗した砥石を個別に停止できる機能を新たに追加する。現在は、レール内方用の砥石を個別に停止することができないため、作業前にあらかじめ全て新品に交換する必要があった。新車両では、消耗した砥石を個々に停止・交換することが可能になり、過剰な交換を減らすことができる。これにより砥石の使用量、廃棄量が削減できる。

このほか、削正車が故障した際には異常が発生している箇所を表示する機能を追加し、復旧作業が迅速に行えるようにする。

メーカーは現行の車両と同じくスペノ・インターナショナルで、保有数も同じく2編成となる。1編成目の運用開始は、2023年1月の予定。

2021年12月8日(水)18時1分更新

該当するブログ記事はありません

JR東海 新 レール削正車で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全1件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

DL大樹が会津へ

2月12日、「DL大樹」が会津田島駅発着で運転。350型乗車のツアー開催も。

画像

阪神が誇るスプリンター

加減速に優れた阪神電気鉄道の普通車用「ジェットカー」。旧型の「青胴車」は、引退の時が近づいているようです。

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • はやとの風運転終了 [2022年度]
  • 三田線新車両導入 [2021年度]
  • 西鉄雑餉隈新駅駅名発表[2022年夏]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: