鉄道コム

JR東、山手線や京浜東北線のワンマン運転に向けた取り組みを発表

2021年12月7日(火)14時55分

JR東日本は7日、首都圏の在来線でのワンマン運転実施に向けた準備を進めると発表した。

山手線の電車
山手線の電車

同社では、最新技術を広く活用することで、首都圏の輸送システムの変革を進めている。この取り組みの一環として、首都圏在来線での「ATACS」(無線式列車制御システム)の導入拡大や、「ATO」(自動列車運転装置)の高性能化を実施し、輸送安定性向上や柔軟な運行の実現を目指すとしている。

ATACSは、従来のレールに信号電流を流す方式とは異なり、無線を活用して列車間隔を制御するシステム。宮城県の仙石線で導入されているほか、首都圏でも2017年に埼京線の一部区間で導入済みとなっている。同社では新たに、山手線と京浜東北線大宮~東神奈川間へATACSを導入。また、ATACSの無線を活用してATOを高機能化することで、「ATOS」(東京圏輸送管理システム)との連携による遅延回復や省エネ運転の実現を目指すとしている。さらに同社では、添乗員が乗車する形での自動運転(GoA3)の将来的な実現に向けて、開発を進めるという。

従来型システムとATACSの比較
従来型システムとATACSの比較
ATO高機能化のイメージ
ATO高機能化のイメージ

このほか同社では、山手線や京浜東北線に加え、根岸線へのATO導入も発表。また、南武線、横浜線、既にATO導入済みの常磐線各駅停車でも、ワンマン運転の実施に向け、車両改造工事や駅設備工事を進めるとしている。

ATACSとATOの導入予定区間
ATACSとATOの導入予定区間

山手線・京浜東北線へのATACS導入とATO高性能化は、2028~2031年ごろの使用開始が目標。また、その他各線でのATO導入・ワンマン運転開始については、2025~2030年ごろの導入に向けて、線区ごとに準備を進めるという。JR東日本では、運行管理と列車制御の融合と高機能化により、需要に応じたオンデマンドな輸送サービスの提供と、効率的でサステナブルな鉄道運営を目指すとしている。

2021年12月7日(火)14時55分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全9件

JR東日本 自動運転で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全6件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

DL大樹が会津へ

2月12日、「DL大樹」が会津田島駅発着で運転。350型乗車のツアー開催も。

画像

阪神が誇るスプリンター

加減速に優れた阪神電気鉄道の普通車用「ジェットカー」。旧型の「青胴車」は、引退の時が近づいているようです。

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本うめきた新駅開業 [2023年春]
  • 横浜市ブルーライン延伸開業[2030年]
  • なにわ筋線開業[2031年春]
  • 埼京線十条駅連続立体交差事業完了[2030年度]
  • 北海道新幹線新函館北斗~札幌間開業[2030年度末]
  • 東京圏在来線ホームドア導入完了[2032年度末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: