鉄道コム

JR北、SL冬の湿原号リニューアル後の客車内装を決定

2021年10月14日(木)17時1分

JR北海道は14日、「SL冬の湿原号」に使用する客車のリニューアルについて、内装のデザインを決定したと発表した。

SL冬の湿原号の列車編成
SL冬の湿原号の列車編成

リニューアルでは、まず2021年度に、1号車と5号車の客車を「たんちょうカー」として改装。「雄大な釧路湿原や丹頂を間近に感じることができる」車両にリニューアルする。デザインは、木材を使用した暖かみと高級感のあるものとし、川側にカウンター席、山側に高床式のボックス席を設置。川側の眺望を楽しめるようにする。座席の色調は、「丹頂の赤」をヒントにエンジ色を採用。壁面は雪原に点在する木々をイメージした木目調とする。また、機器室隣の通路の窓を大型化し、展望通路を設置する。

「たんちょうカー」の室内イメージ
「たんちょうカー」の室内イメージ

続いて2022年度には、2~4号車の客車を「ストーブカー」としてリニューアルする。「ノスタルジーを感じるどこか懐かしい室内」をコンセプトに、座席、カーテン、壁面、テーブルなどをリフレッシュ。あわせて、1、3、5号車のトイレの洋式化や大型荷物置き場の設置なども予定する。

ストーブカーの室内イメージ
ストーブカーの室内イメージ

「SL冬の湿原号」は、冬季に釧網線釧路~標茶間で運転する臨時列車。運行開始から約20年が経ち、客車の老朽化が進んでいることから、同社は客車内装などのリニューアルを進めている。ノスタルジーやレトロ感をベースに、タンチョウやエゾシカのシルエットを内装にあしらうなど、北海道のSLの旅を楽しめる工夫を凝らしたという。

2021年度の「SL冬の湿原号」は、「たんちょうカー」を連結し、2022年1月22日から3月21日までの計33日間の運転を予定している。なお、同社は「SL冬の湿原号」の座席指定料金を改定。従来840円のところ、今年度より1680円で座席指定券を発売する。

2021年10月14日(木)17時1分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全74件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

103系、117系、373系、323系、285系、クモヤ145形、885系、四国8600系、N700S、923形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

暮らせるコンテナ

JR東日本などが販売する「マチハコトレイン」。鉄道コンテナを再現したBOXルーム。

画像

近鉄の観光特急「あをによし」

12200系を改造し、2022年4月に投入。大阪難波~近鉄奈良~京都間で運転。

画像

「最繁忙期」料金導入

JR東など3社が、指定席特急料金に「最繁忙期」を導入。あわせて閑散期・通常期の設定拡大も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: