鉄道コム

東北・北陸・上越新幹線、新幹線オフィス車両を本格導入へ

2021年10月5日(火)16時34分

新幹線オフィス車両での仕事風景イメージ
新幹線オフィス車両での仕事風景イメージ

JR東日本とJR西日本は5日、東北・北陸・上越新幹線で「新幹線オフィス車両」を本格導入すると発表した。

両社では、昨今の在宅ワークの普及により、人々の居住エリアが都心部から地方へと拡大するなか、従来型の通勤とは異なる、新幹線による都心部への新たな移動スタイルを見据えて導入を決定した。JR東日本では2021年2月以降、東北・北海道新幹線「はやぶさ」にて、通話やウェブ会議ができる新幹線オフィスの実証実験を2回実施。通勤や出張などのビジネス目的の利用のほか、旅行やワーケーション前後の移動時間の有効活用など、さまざまなニーズが確認できたという。

対象列車は、東北・北海道・北陸・上越新幹線のうち、「こまち」「つばさ」「つるぎ」を除く全列車。全区間で8号車を設定対象とするが、土休日や年末年始などの多客期は設定しない。対象列車の乗車に必要な乗車券類を持っていれば、追加料金なしで利用可能。一部の列車では、車内にてWifiルーターなどを有料で貸し出す予定としている。

サービスの提供開始日は、2021年11月22日(月)。JR東日本は、新幹線オフィス車両の導入のほか、「STATION BOOTH」を始めとするシェアオフィスの整備などにより、シームレスなワークスペースのプラットフォームを構築することで、時間と場所にとらわれない分散型の新たな暮らしの実現を推進していくとしている。

2021年10月5日(火)16時34分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全149件

( 東北 OR 上越 OR 北陸 ) 新幹線 ( オフィス OR テレワーク OR リモートワーク OR 在宅勤務 )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全26件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

103系、117系、373系、323系、285系、クモヤ145形、885系、四国8600系、N700S、923形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

暮らせるコンテナ

JR東日本などが販売する「マチハコトレイン」。鉄道コンテナを再現したBOXルーム。

画像

リニューアル後の冬の湿原号

JR北海道が「SL冬の湿原号」のリニューアルデザインを発表。今年度には「たんちょうカー」登場。

画像

近鉄の観光特急「あをによし」

12200系を改造し、2022年4月に投入。大阪難波~近鉄奈良~京都間で運転。

画像

「最繁忙期」料金導入

JR東など3社が、指定席特急料金に「最繁忙期」を導入。あわせて閑散期・通常期の設定拡大も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • 札幌市M100形営業運転終了[2021年10月31日(日)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • SL「大樹」展望車営業運転開始[2021年11月4日(木)]
  • 東北・北陸・上越新幹線オフィス車両本格導入[2021年11月22日(月)]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: