鉄道コム

JR西、2023年度にかけW7系13本を新製投入

2021年10月5日(火)15時25分

W7系
W7系

JR西日本は3日、2021年度から2023年度にかけて、北陸新幹線用W7系を新製投入すると発表した。

W7系は、2015年の北陸新幹線金沢延伸開業時にデビューした車両。同社は今回、北陸新幹線敦賀延伸用と、2019年の台風19号により被災し廃車となった編成の代替として、計13本を投入する。

新たに投入する編成は、既存のW7系をベースとするが、一部に改良を加えている。機器面では、台車には台車モニタリング装置を搭載するほか、車両への着雪を減らす設計とすることで、安全・安定性の向上を図る。車内では、車いす用フリースペースを導入するほか、荷物置き場の増設、停電時にも水洗使用可能なトイレの設置などの変更を加える。

W7系新造編成は、被災編成の代替となる2本を2021年度に投入。敦賀延伸に向けた編成については、2021年度に1本、2022年度に7本、2023年度に3本の、計11本を投入するとしている。

2021年10月5日(火)15時25分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全6件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

  • DSC_0369

    E7系 グリーン席

    • 16時間57分前New

    E2系老朽取り換え及び北陸新幹線金沢延伸用として登場したE7・W7系、東日本所属分はE7系、西日本所属分はW7系として形式が分かれていますが、実際は全く同じ仕様です。登場からしばらくは北陸新幹線専従でしたが...

W7系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全18件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

373系、103系、117系、323系、285系、クモヤ145形、885系、四国8600系、N700S、923形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

暮らせるコンテナ

JR東日本などが販売する「マチハコトレイン」。鉄道コンテナを再現したBOXルーム。

画像

リニューアル後の冬の湿原号

JR北海道が「SL冬の湿原号」のリニューアルデザインを発表。今年度には「たんちょうカー」登場。

画像

近鉄の観光特急「あをによし」

12200系を改造し、2022年4月に投入。大阪難波~近鉄奈良~京都間で運転。

画像

「最繁忙期」料金導入

JR東など3社が、指定席特急料金に「最繁忙期」を導入。あわせて閑散期・通常期の設定拡大も。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • 札幌市M100形営業運転終了[2021年10月31日(日)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • SL「大樹」展望車営業運転開始[2021年11月4日(木)]
  • 東北・北陸・上越新幹線オフィス車両本格導入[2021年11月22日(月)]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: