鉄道コム

東急、設備計測システム「鉄道版インフラドクター」を本格導入

2021年9月8日(水)12時55分

東急電鉄は7日、「鉄道版インフラドクター」を本格導入すると発表した。

鉄道版インフラドクター
鉄道版インフラドクター

「インフラドクター」は、レーザー計測器や高解像度カメラなどを搭載した自動車で設備を計測し、トンネルなどの設備の状況を把握できるシステム。鉄道版インフラドクターは、これを鉄道向けに変更したもの。レーザースキャナによる3次元点群データと高解像度カメラの画像データを取得、解析することにより、軌道周辺の建築物の限界範囲である建築限界の検査や、トンネル内の状況確認ができる。

鉄道版インフラドクターによる、トンネル壁面の3次元点群データ
鉄道版インフラドクターによる、トンネル壁面の3次元点群データ

これまで、建築限界の検査や、トンネル内の特別全般検査は、主に夜間に目視や計測などで実施してきた。特にトンネル検査については多くの人手が必要となり、検査精度のバラつき、技術継承や技術者不足、検査費用の増加などが課題となっていたという。今回の鉄道版インフラドクターの導入により、人間による検査・計測を機械計測に置き換えることでDX(デジタルトランスフォーメーション)化を図るほか、要注意箇所の効率的な抽出、検査後の事務作業の省力化を実現するという。

従来の建築限界検査の様子
従来の建築限界検査の様子
従来のトンネル内特別全般検査の作業風景
従来のトンネル内特別全般検査の作業風景

鉄道版インフラドクターの導入は、中小私鉄では2020年に東急グループの伊豆急行が本格導入しているが、大手私鉄では初の事例。東急では2019年以降に実証実験を実施しており、今回の本格導入に至った。鉄道版インフラドクターは、9月7日より東急線内で計測作業を実施。世田谷線、こどもの国線を除く東急線全線にて、建築限界検査、トンネル内特別全般検査に活用するという。

2021年9月8日(水)12時55分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

「黒部ルート」一般開放へ

関西電力の専用線が通る、欅平~黒部ダム間の「黒部ルート」。2024年度の一般開放に向け準備が進められています。

画像

キハ283系来春引退へ

JR北海道が、来春のダイヤ改正概要を発表。キハ283系の定期運用終了、「おおぞら」減車など。

画像

「Max」が登場した事情とは?

10月1日で定期運用を終了するオール2階建て新幹線E4系。この車両が生まれた理由とは?

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 狩川駅新駅舎供用開始[2021年12月末]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年内]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • カタール国地下鉄システム「ドーハメトロ」追加車両納入完了[2021年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: