鉄道コム

東武、列車ダイヤ最適化にも活用可能な車上データ活用システムを本格導入

2021年7月14日(水)16時45分

Remoteのイメージ
Remoteのイメージ

東武鉄道は14日、車上データ有効活用システム「Remote」の本格導入を発表した。

Remote(Remote monitoring of train to use effectively)は、乗車率、車内温度、運転速度、消費電力、機器状態といった、走行中の車上データをリアルタイムに取得、蓄積、分析するシステム。データの取得により、状態基準保全(CBM)や点検作業一部遠隔化への活用、車両故障発生時の支障時間短縮といったメンテナンス面での改革に加え、ダイヤの最適化、列車運行時の省エネ化推進にも繋げることができる。

同社では、1997年に30000系3本を皮切りに、以降導入した車両へ車上データ監視装置の搭載を進めてきたが、当時は車両からデータを都度取得する必要があったという。2016年以降は、技術革新によりリアルタイムなデータ送信が可能となり、60000系1本にこれを試験導入。さらに2021年には70000型・70090型計24本に導入編成を拡大し、本格運用を開始することとした。

東武鉄道では、今後もさらなるデータの有効活用を図り、安全安心で持続可能な鉄道輸送サービスを提供していくとしている。

2021年7月14日(水)16時45分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

789系、E235系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

「East i」見学ツアー

白石蔵王駅で、新幹線検測車「East i」の車内外を見学できるツアーが、9月11日に開催。

画像

「スーパーはつかり」が復活

9月4日、団体臨時列車として「スーパーはつかり」復活。18日には八戸発「つがる」リバイバルも。

画像

1800系塗装リバイバル

「りょうもう」用200型2編成が、1800系塗装に。8月7日から順次運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • 札幌市M100形営業運転終了[2021年10月31日(日)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]
  • 相模線E131系導入[2021年秋ごろ]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: