JR東 寝台特急用の電気機関車を新製

EF510形外観(JR貨物)
EF510形外観(JR貨物)

JR東日本は2日(火)、EF510形交直流電気機関車を15両新製し、2010年春以降に使用を開始すると発表した。

「カシオペア」「北斗星」の寝台列車などの牽引用として、現在使用しているEF81形を老朽化のために置き換える。

EF510形は、JR貨物が開発した機関車で、VVVFインバーター制御方式を採用し、故障や寒さにも強くなっている。JR貨物では「ECO-POWERレッドサンダー」の愛称で、これまでに13両が投入されている(今年度中にさらに3両が増備予定)。

JR東日本による新型の電気機関車の導入は初めて。カラーデザインや番代区分などはこれから決定する。価格は、1両4億円前後の見通し。

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全29件

EF510またはEF81で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全17352件

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件



鉄道未来インデックス

一部を表示

  • クルーズトレイン「四季島」デビュー(2017年春)
  • 東武特急500系車両導入(2017年春)
  • 大井川鐵道14系客車導入(2017年6月)
  • 東武鬼怒川線SL列車デビュー(2017年夏)
  • 千葉駅駅ビルなど開業(2017年度)
  • 埼京線「ATACS」導入(2017年秋)
  • 東武アーバンパークライン清水公園~梅郷間高架化(2017年度)

ニュース検索