仙台市、地下鉄南北線新型車両のデザインを投票で決定へ

2021年2月24日(水)14時38分

A案(イメージ)
A案(イメージ)

仙台市交通局は、南北線に導入する新型車両「3000系」のデザインを投票で決定すると発表した。

3000系は、1987年の南北線開業時に導入した1000系(現在は1000N系へ改修)を置き換えるための車両。2024年の営業運転開始を予定している。同局では3000系について、デザイン案を3種類作成。一般からの投票により、採用するデザインを決めることとした。

A案のコンセプトは、「南北線車両からの進化」。くの字型の先頭形状で現行車両のスタイルを継承するほか、ライトは前面ラインと一体化させ、進化したイメージを生み出す。

B案のコンセプトは、「シンプルで優しい」。緩やかにカーブしたシンプルな先頭形状とし、正方形のライトとワンポイントのアクセントで、優しい表情を創出する。

C案のコンセプトは、「懐かしくて新しい」。仙台市電がモチーフで、丸形のライトや前面ラインカラーにより、レトロ感を創出。先頭部は丸みを持たせた形状とする。

投票受付期間は、2021年3月9日(火)~29日(月)。同局のウェブサイト特設ページにて受け付ける。投票結果については、5月の発表を予定する。

2021年2月24日(水)14時38分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全8件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全7件

鉄道コムおすすめ情報

画像

9000系20周年イベント

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月25日にイベントを開催。記念乗車券の発売も。

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

2000系さよならツアー

JR四国2000系のグリーン車、2000形に乗車できる、最後の機会。5月8日、9日、15日に開催。

画像

SL入区見学ツアー

秩父鉄道が、SL入区点検見学ツアーを開催。SL回送列車へ乗車し、広瀬川原車両基地へ入場。

画像

北東北でSuica導入

JR東日本が、青森、秋田、岩手の3県へのSuica導入を発表。2023年春以降にサービス開始予定。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 半蔵門線18000系導入開始[2021年度]
  • 御堂筋線可動式ホーム柵設置完了[2021年度]
  • 南北線8両編成運転開始[2022年度]
  • 特急北斗キハ261系統一[2022年度]
  • 丸ノ内線CBTC導入[2023年度]
  • 日比谷線CBTC導入[2023年度]
  • 大阪駅西側新改札口供用開始[2024年夏]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: