JR西、遮断機の無い踏切向けに押して開ける踏切ゲートを開発

2021年2月20日(土)10時35分

踏切ゲートを設置した踏切
踏切ゲートを設置した踏切

JR西日本は18日、遮断機や警報器の無い踏切「第4種踏切」の安全対策として、「踏切ゲート」を開発したと発表した。

同社では、踏切障害事故の減少に向けて取り組んでおり、第4種踏切の廃止や、遮断機・警報器を設置した「第1種踏切」への格上げを進めている。今回開発した踏切ゲートは、第4種踏切のさらなる安全対策としている。

踏切ゲートは、自動車(軽車両は除く)が通行不可の踏切を対象に開発。踏切通行者に対し、物理的な一時停止と左右確認をうながす。ゲートは踏切を遮る形で設置し、通行者はこれを押すことで横断できる。自転車などの軽車両から降車せずに押開け可能なほか、引っかかり防止に配慮したアーム形状としている。

JR西日本は、2021年2月中旬から3月下旬にかけ、山陰線長門三隅~長門市間の「中山第1踏切」にて現地試験を実施。この試験の結果を踏まえ、今後の展開を検討していくとしている。

2021年2月20日(土)10時35分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

  • ダイエットの話昼の番組でかまいたち山内氏が自身のダイエット法を語ってました。当然ですがこういう美味しいパンは自重しないとダメですね。調べたら作家の金森重樹氏が提唱するダイエット法でした。山内氏は2ヶ...

  • 本日、JR西日本の2月社長会見が行われました。2月 社長会見:営業・輸送概況、第4種踏切の踏切ゲート開発、「NEW WAY of RAILWAY」新しい乗車スタイルで、その先の安心へ:JR西日本この会見の最後で、同社の構造...

鉄道コムおすすめ情報

画像

12200系引退記念グッズ

近畿日本鉄道が、12200系の引退記念乗車券とグッズを発売。乗車券はネットでの事前申込を受付。

画像

DE10が仙台臨海鉄道へ

秋田臨海鉄道が、3月の事業廃止を前に、DE10形1250号機を仙台臨海鉄道へ譲渡。

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • 東京メトロ18000系営業運転開始[2021年度上半期]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: