京阪、車内広告用のデジタルサイネージを導入

2021年1月18日(月)14時40分

車内に設置した広告用デジタルサイネージ
車内に設置した広告用デジタルサイネージ

京阪電気鉄道は18日、京阪線の6000系と13000系を対象に、車内広告用のデジタルサイネージを設置すると発表した。

車内広告用としてのデジタルサイネージは、同社では初めての設置となる。搭載するのは、交通電業社が製造する、LTE対応の製品。4G LTE回線を用い、サーバーから映像コンテンツを取得する仕組みとなっている。案内表示装置が持つ車両の位置情報などを活用することで、大阪、京都など、特定のエリアに限定し、広告コンテンツを放映することが可能だという。

デジタルサイネージは、1月22日より順次搭載を開始する。対象車両は、6000系車両112両、13000系車両85両。1車両につき、乗降用扉6か所中3か所の上部に、18.5インチのLCDモジュールを搭載する。京阪電気鉄道では、2022年度中に、全対象車両への設置を完了するとしている。

2021年1月18日(月)14時40分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全8件

鉄道コムおすすめ情報

画像

北海道にキハ40系国鉄色

釧路エリアに、国鉄一般気動車標準色塗装のキハ40系が登場。4月3日にお披露目を実施。

画像

12200系引退記念グッズ

近畿日本鉄道が、12200系の引退記念乗車券とグッズを発売。乗車券はネットでの事前申込を受付。

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

鉄道未来インデックス

  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度下半期]
  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 三田線新車両導入 [2021年度]
  • 東急目黒線8両編成運転開始[2022年度上期]
  • 埼玉高速鉄道線8両編成運転開始 [2022年度上期]
  • 東急目黒線8両編成運転開始 [2022年度上期]
  • 九州新幹線武雄温泉~長崎間開業[2022年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: