南海、クレジットカードで直接乗車できるサービスの実証実験を実施

2020年12月24日(木)16時35分

「都度利用」の流れ
「都度利用」の流れ

南海電気鉄道と三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは24日、南海の一部駅において、「Visaのタッチ決済」とQRコードによる入出場の実証実験を実施すると発表した。日本の鉄道事業者において、駅の改札でVisaのタッチ決済による入出場を可能とするのは初となる。

Visaのタッチ決済は、タッチ決済に対応したVisaブランドのクレジットカードなどを用いる、非接触型の決済手段。2020年9月末時点では、全世界におけるVisaの対面取引のうち、43%がタッチ決済となっているという。海外では、ロンドンやシンガポールなど、鉄道路線での導入例があり、日本においても、11月にWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)が導入している。

実証実験では、「都度利用」と「事前購入」の2種類のサービスを提供する。都度利用は、Visaのタッチ決済機能のあるクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを、入場時と出場時に改札機へかざすことで、電車に乗車できるサービス。改札通過時に、Visaカードによって乗車区間の運賃を決済する。事前購入は、スマートフォンに表示するQRコードを活用するもの。南海が提供するアプリなどで企画乗車券を事前に購入することで、このサービスを利用できる。

今回の実証実験は、鉄道利用者の利便性向上を目指したもの。特にインバウンドの利用者に対し、普段より使用しているVisaカードで電車に直接乗車可能とすることで、アフターコロナを見据えた受け入れ基盤の強化を図る。また、ウィズ・アフターコロナにおける、非接触決済を活用した新たな生活様式への対応や、企画乗車券のデジタル化も目標としている。

実証実験の実施期間は、2021年春から同年末までの予定。難波駅や関西空港駅など、南海の一部駅にVisaのタッチ決済用改札機を設置し、実証実験に備える。

2020年12月24日(木)17時15分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

ひたちなか海浜鉄道延伸

ひたちなか海浜鉄道の延伸事業が認可。2024年春に約3.1キロが開業予定。

画像

姫路エリアに新駅設置

JR西日本が、山陽本線姫路~英賀保間に新駅設置を発表。開業は2026年春を予定。

画像

「ひのとり」統一へ

2月13日より、名阪甲特急は全列車が「ひのとり」で運転。乙特急も「アーバンライナー」へ統一。

画像

2021年の鉄道トピックス

新型車両やダイヤ改正など、2021年に予定されている鉄道のトピックスは?

画像

1月から終電繰り上げ

首都圏の鉄道各社局が、終電時刻の繰り上げを発表。1月20日から当面の間実施。

画像

1月の鉄道イベント一覧

今年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 京阪3000系プレミアムカー導入[2021年1月31日(日)]
  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]
  • 伯備線ICOCAエリア拡大[2021年3月13日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: