快速「アクティー」の削減など、JR東日本普通列車の2021年春改正

2020年12月18日(金)19時4分

東海道線の列車
東海道線の列車

JR東日本は18日、2021年3月13日のダイヤ改正の詳細を発表した。同社の在来線普通列車では、新型車両の投入、快速「アクティー」の本数削減などを実施する。

車両面では、千葉支社エリア内で、内房線、外房線、成田・鹿島線に新型車両のE131系を投入。成田~佐原間を除く各区間では、ワンマン運転を実施する。また、内房線・外房線では、日中時間帯を中心に、E131系による木更津~安房鴨川~上総一ノ宮間の直通運転を開始。千倉~安房鴨川間の普通列車はE131系に統一する。盛岡・秋田支社エリアでは、キハ40系の代替としてGV-E400系を追加投入。五能線全列車のほか、奥羽本線6本、津軽線10本を、同形式での運転とする。また男鹿線では、全列車をEV-E801系「ACCUM」での運転とする。水戸支社エリアでは、水戸線全列車と常磐線友部~勝田間の一部列車で、E531系によるワンマン運転を開始する。

列車面では、宇都宮線、高崎線、東海道線の通勤快速列車を、それぞれ快速「ラビット」「アーバン」「アクティー」に変更。東海道線では、「アクティー」を平日夜間のみの運転に変更する。平塚~小田原間では運転本数を見直す。常磐線各駅停車では、土休日の我孫子~取手間の運転を、終日取り止める。仙台エリアの東北本線、常磐線、仙台空港アクセス線では、ダイヤを全面的に変更。仙台駅の上り列車発車時刻を一部時間帯で統一するほか、福島~仙台間は白石駅で運転区間を分割するなど、拠点駅間での折り返し運転を増やす。また、東北本線の快速「仙台シティラビット」は、各駅停車に変更する。羽越本線・白新線では、快速「らくらくトレイン村上」と、同列車の折り返しとなる快速列車の運転を取り止め。信越本線の快速「らくらくトレイン信越」は、乗車整理券の発売を取り止め、快速「おはよう信越」と共に、全車指定席の快速「信越」に名称を変更する。

このほか、利用状況の変化などをふまえてダイヤを変更。首都圏では、最終列車の運転時刻繰り上げなど、深夜時間帯を中心にダイヤを見直す。

2020年12月18日(金)19時4分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3735件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全416件

JR東日本 ダイヤ改正で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全1316件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • ロマンスカーミュージアム開業[2021年4月19日(月)]
  • 常磐線・水戸線踏切用再生バッテリー試行導入[2021年4月以降]
  • JR北海道「ラベンダー」編成運用開始[2021年5月8日(土)]
  • 小湊鉄道キハ40系営業運転開始[2021年春]
  • GV-E197系・E493系先行投入[2021年春以降]
  • 南海Visaのタッチ決済実証実験[2021年春]
  • 横浜線町田駅スマートホームドア再設置[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: