京都丹後鉄道、「VISAのタッチ決済」を日本の鉄道で初導入

2020年11月20日(金)12時30分

VISAのタッチ決済
VISAのタッチ決済

WILLERは20日、傘下のWILLER TRAINSが運営する京都丹後鉄道に、「Visaのタッチ決済」を導入すると発表した。日本の鉄道事業者での導入は初となる。

Visaのタッチ決済は、タッチ決済に対応したVisaブランドのクレジットカードなどを用いる、非接触型の決済手段。2020年9月末時点では、全世界におけるVisaの対面取引のうち、43%がタッチ決済となっているという。また、イギリスのロンドンやシンガポールでは、地下鉄などでも導入しており、クレジットカードで鉄道に乗車できるシステムを実現している。

京都丹後鉄道での利用方法は、乗車時と降車時に、駅や車内に設置された読取端末のVisaタッチリーダーへタッチ決済対応カードをかざすのみ。クレジットカードならば後日、デビット・プリペイドカードなら即時決済となる。利用履歴は、ウェブサイトから確認できる。WILLERでは、「訪日外国人を含む来街者も、券売機で切符を購入する手間がなく、日常的に利用している決済手段がそのまま利用可能なため、安心かつ簡単・便利に利用することができる」としている。

このシステムでは、1日乗車券などの均一運賃だけでなく、車両のGPSを活用することによって、距離に基づき変動する「距離制運賃」の決済にも対応する。また、海外では広く利用されている鉄道のVisaのタッチ決済の仕組みに、日本国内で求められる高速処理のニーズに対応したシステムを導入しており、スピーディーな決済を実現するという。

京都丹後鉄道でのサービス開始日は、11月25日。WILLERでは、今後はMaaSアプリや鉄道、バスを含む様々な交通サービスへの提供も検討するとしている。

2020年11月20日(金)12時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全4件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全3件

鉄道コムおすすめ情報

画像

まだまだ活躍する古参車両

103系や113系、EF66形……。JRで活躍する古参形式の現状をまとめました。

画像

羽田空港アクセス線の現状

JR東日本が計画を進める新路線「羽田空港アクセス線」。その予定地の現状は?

画像

京急新1000形20次車の外観

赤色に塗装されたステンレス車体、制御機器などの床下機器を、写真で詳しく…

画像

東海道新幹線乗り放題

東海道新幹線が乗り放題のワーケーションプラン。1人1室6泊7日で9万円から。

画像

車両愛称が発表

「芳賀・宇都宮LRT」の車両愛称は「ライトライン」に。全19停留場の正式名称も発表。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

鉄道未来インデックス

  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: