京都丹後鉄道、「VISAのタッチ決済」を日本の鉄道で初導入

2020年11月20日(金)12時30分

VISAのタッチ決済
VISAのタッチ決済

WILLERは20日、傘下のWILLER TRAINSが運営する京都丹後鉄道に、「Visaのタッチ決済」を導入すると発表した。日本の鉄道事業者での導入は初となる。

Visaのタッチ決済は、タッチ決済に対応したVisaブランドのクレジットカードなどを用いる、非接触型の決済手段。2020年9月末時点では、全世界におけるVisaの対面取引のうち、43%がタッチ決済となっているという。また、イギリスのロンドンやシンガポールでは、地下鉄などでも導入しており、クレジットカードで鉄道に乗車できるシステムを実現している。

京都丹後鉄道での利用方法は、乗車時と降車時に、駅や車内に設置された読取端末のVisaタッチリーダーへタッチ決済対応カードをかざすのみ。クレジットカードならば後日、デビット・プリペイドカードなら即時決済となる。利用履歴は、ウェブサイトから確認できる。WILLERでは、「訪日外国人を含む来街者も、券売機で切符を購入する手間がなく、日常的に利用している決済手段がそのまま利用可能なため、安心かつ簡単・便利に利用することができる」としている。

このシステムでは、1日乗車券などの均一運賃だけでなく、車両のGPSを活用することによって、距離に基づき変動する「距離制運賃」の決済にも対応する。また、海外では広く利用されている鉄道のVisaのタッチ決済の仕組みに、日本国内で求められる高速処理のニーズに対応したシステムを導入しており、スピーディーな決済を実現するという。

京都丹後鉄道でのサービス開始日は、11月25日。WILLERでは、今後はMaaSアプリや鉄道、バスを含む様々な交通サービスへの提供も検討するとしている。

2020年11月20日(金)12時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

鶏めし弁当、ほっきめし、鰊みがき弁当、鯵の押寿し、元気甲斐、村上牛しぐれ…

鉄道コムおすすめ情報

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

飛躍する特急「かもめ」

新幹線の列車名に採用された「かもめ」。古くは日本で4番目の特急にも使われた、歴史ある列車名称です。

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

SLもおか重連運転

12月20日、真岡鉄道がSL・DLの重連・プッシュプル運転を実施。

画像

E257系の特急「湘南」

2021年春、「湘南ライナー」などに代わり、特急「湘南」が東海道線で運転を開始。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

新着鉄道ニュース

  • 京都丹後鉄道、「VISAのタッチ決済」を日本の鉄道で初導入

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: