JR西、鉄道設備の大規模遠隔監視システムを整備

2020年11月18日(水)17時37分

システムの概要
システムの概要

JR西日本は18日、鉄道沿線設備の各種情報を収集・蓄積・分析する、鉄道に適したシステムを、日本信号と共同開発したと発表した。

同社では、10月に「グループデジタル戦略」を策定し、1つの軸として「鉄道システムの再構築」に取り組んでいる。今回開発したシステムは、同社の鉄道システム再構築の柱となる「CBM」(予防保全)を実現するもの。鉄道沿線設備の各種情報を、IoTインフラネットワークや地上設備の状態監視センサーの整備によって、収集・蓄積・分析する。

このシステムでは、信号、電力、踏切といった鉄道沿線設備へ、センサやカメラを設置。これらが収集したデータを、線路沿いに約1キロ間隔で設置する「データ収集装置」が集約し、拠点へ送信する。これにより、遠隔地から検査結果が確認できるようになり、検査効率が大きく向上する。本システムでは、信号機や踏切といった鉄道沿線設備の多種多様なデータへの拡張性を実現するほか、鉄道沿線環境に耐え得る性能確保とセンサの小型・長寿命化、さらに自営通信網の活用による低コスト化が特徴だという。また、鉄道業界において同様のシステムを大規模に整備するのは、今回の例が日本初だとしている。

JR西日本はこのシステムについて、東海道本線・山陽本線米原~上郡間、大阪環状線、桜島線、福知山線尼崎~新三田間、奈良線京都~木津間を対象に、2022年度までに導入する計画。IoTインフラネットワークとセンサの整備に約11億円を投資するという。JR西日本では、検査の車上化など、他のCBMの取り組みとあわせ、鉄道設備の検査業務を2030年に約1割、特に近畿圏の電気関係設備においては約4割を、それぞれ削減することを目標に掲げている。

2020年11月18日(水)17時37分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全6件

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

旅客列車の走らない東海道貨物

旅客列車の走らない、東海道貨物線の川崎・鶴見エリア。沿線を歩いてみました。

画像

スペーシアリバイバル

東武鉄道の100系「スペーシア」が、デビュー時の塗装に。6月5日から順次運転開始。

画像

まだまだ活躍する古参車両

103系や113系、EF66形……。JRで活躍する古参形式の現状をまとめました。

画像

新駅は「越前たけふ」駅に

北陸新幹線延伸区間の新駅、仮称「南越」駅の駅名が「越前たけふ」駅に決定。

画像

新幹線に荷物を積載

九州新幹線で、個人利用可能な荷物輸送サービスを開始。5月18日から。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

鉄道未来インデックス

  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: