川崎重工業、鉄道車両製造事業を2021年10月に分社化

2020年11月2日(月)16時37分

川崎重工業製の東京メトロ16000系
川崎重工業製の東京メトロ16000系

川崎重工業は2日、同社の鉄道車両製造事業を、2021年10月に分社化すると発表した。

川崎重工業では、社内カンパニー「車両カンパニー」が車両事業を担っており、神戸市にある兵庫工場などで、JRや私鉄向けの国内鉄道車両や、アメリカのメトロノース鉄道向けなどの海外事業者の鉄道車両を製造している。

車両事業の分社化は、同社が同日発表したグループビジョン2030「つぎの社会へ、信頼のこたえを ~Trustworthy Solutions for the Future~」の実現に向けて実施するもの。車両事業のほか、二輪車などを手掛けるモーターサイクル&エンジンカンパニーの分社化、船舶海洋カンパニーとエネルギー・環境プラントカンパニーの統合も予定する。

同社車両カンパニーでは、2018年度に北米向け鉄道車両にて多額の損失を計上している。現時点で自主再建のめどは付きつつあるが、分社により資本の独⽴性を⾼めることで、⾃律的な事業経営を徹底することを目的に、同社は車両カンパニーの分社化を決定した。同社は、新型コロナウイルスの影響で、鉄道関連投資計画の見直しや海外新線工事の遅延などが発生しているものの、環境に優しく日常生活に密着した公共交通手段としての鉄道システムは、今後も世界的に比較的安定した成長が見込まれるとしている。

川崎重工業は、車両カンパニーを分社化した後、業界関係各社との連携に機動的かつ柔軟に取り組むほか、同社が手掛ける航空宇宙システム事業の生産技術・品質管理手法を車両事業へと取り入れ、生産技術や品質管理の高度化、コスト競争力の向上により、堅調な鉄道関連事業を取り込んで行くとしている。

2020年11月2日(月)16時37分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全11件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全5件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

牛肉どまん中、花咲かにめし、いかめし、菜の花弁当、鯛めし、雪だるま弁当…

鉄道コムおすすめ情報

画像

小田急ミステリーツアー

ロマンスカーに乗車し、小田急の車両基地を周遊。1月24日、31日に開催。

画像

NEXでテレワーク

両国駅で実施された、E259系によるシェアオフィスの実証実験。その背景は?

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

新幹線新駅名発表

九州新幹線西九州ルートに設置される新駅2駅の駅名が発表。両駅とも仮称を正式採用。

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 東武鉄道C11形325号機営業運転開始 [2020年12月26日(土)]
  • JR西日本N700S投入開始 [2021年2月以降]
  • 横浜線町田駅スマートホームドア再設置[2021年春]
  • ICOCA北近畿エリア導入[2021年春]
  • ロマンスカーミュージアム開業[2021年春]
  • 東京メトロ18000系営業運転開始[2021年度上半期]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: