川崎重工業、鉄道車両製造事業を2021年10月に分社化

2020年11月2日(月)16時37分

川崎重工業製の東京メトロ16000系
川崎重工業製の東京メトロ16000系

川崎重工業は2日、同社の鉄道車両製造事業を、2021年10月に分社化すると発表した。

川崎重工業では、社内カンパニー「車両カンパニー」が車両事業を担っており、神戸市にある兵庫工場などで、JRや私鉄向けの国内鉄道車両や、アメリカのメトロノース鉄道向けなどの海外事業者の鉄道車両を製造している。

車両事業の分社化は、同社が同日発表したグループビジョン2030「つぎの社会へ、信頼のこたえを ~Trustworthy Solutions for the Future~」の実現に向けて実施するもの。車両事業のほか、二輪車などを手掛けるモーターサイクル&エンジンカンパニーの分社化、船舶海洋カンパニーとエネルギー・環境プラントカンパニーの統合も予定する。

同社車両カンパニーでは、2018年度に北米向け鉄道車両にて多額の損失を計上している。現時点で自主再建のめどは付きつつあるが、分社により資本の独⽴性を⾼めることで、⾃律的な事業経営を徹底することを目的に、同社は車両カンパニーの分社化を決定した。同社は、新型コロナウイルスの影響で、鉄道関連投資計画の見直しや海外新線工事の遅延などが発生しているものの、環境に優しく日常生活に密着した公共交通手段としての鉄道システムは、今後も世界的に比較的安定した成長が見込まれるとしている。

川崎重工業は、車両カンパニーを分社化した後、業界関係各社との連携に機動的かつ柔軟に取り組むほか、同社が手掛ける航空宇宙システム事業の生産技術・品質管理手法を車両事業へと取り入れ、生産技術や品質管理の高度化、コスト競争力の向上により、堅調な鉄道関連事業を取り込んで行くとしている。

2020年11月2日(月)16時37分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全11件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全5件

鉄道コムおすすめ情報

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

17000系デビュー

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が、2月21日に営業運転を開始。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

画像

千葉エリアの新型車両

千葉エリア向けの新型車両「E131系」。報道公開の際、筆者がファン目線で気になったこととは?

画像

カメラアワード結果発表

皆さまにご投票いただいた、鉄道の撮影に適したベストカメラ。その結果は?

画像

2月の鉄道イベント一覧

春のダイヤ改正まであとひと月。2月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本N700S投入開始 [2021年2月以降]
  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • GV-E197系・E493系先行投入[2021年春以降]
  • 南海Visaのタッチ決済実証実験[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: