東京メトロ、磁気券と連動した「東京デジタルパス」の技術検証を実施

2020年10月22日(木)15時12分

「東京デジタルパス」の利用フロー(イメージ)
「東京デジタルパス」の利用フロー(イメージ)

東京メトロは22日、東京都交通局と共同で、デジタルチケット「東京デジタルパス」の技術検証を実施すると発表した。

東京デジタルパスは、磁気乗車券の「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」または「Tokyo Subway Ticket」の有効期限を、専用のスマートフォンアプリにより読み取ることで、都電荒川線で利用できるデジタルチケットを表示するもの。有効期限は連動しており、磁気乗車券の期限切れとともにデジタルチケットの利用期間も終了する仕組み。

技術検証は、10月27日から30日までの4日間、都電荒川線の一部区間でモニター60人を対象に実施する。磁気乗車券とデジタルチケットの連動における操作性や使い勝手のほか、乗務員によるデジタルチケットの視認性などを検証する。

今回の技術検証は、東京メトロが進める「my! 東京MaaS」の取り組みの一環として実施するもの。東京メトロと東京都交通局は、この技術検証を通じて、新たなマルチモーダルサービスの実現を目指すとしている。

2020年10月22日(木)15時12分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

シウマイ弁当、峠の釜めし、平泉うにごはん、最北海幸めし、氏家かきめし…

鉄道コムおすすめ情報

画像

小田急ミステリーツアー

ロマンスカーに乗車し、小田急の車両基地を周遊。1月24日、31日に開催。

画像

NEXでテレワーク

両国駅で実施された、E259系によるシェアオフィスの実証実験。その背景は?

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

新幹線新駅名発表

九州新幹線西九州ルートに設置される新駅2駅の駅名が発表。両駅とも仮称を正式採用。

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: