鉄道コム

JR東、日立やトヨタと共同で燃料電池ハイブリッド車両を製造

2020年10月6日(火)15時43分

FV-E991系
FV-E991系

JR東日本と日立製作所、トヨタ自動車は6日、水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源としたハイブリッドシステムを搭載する試験車両を、連携して開発することに合意したと発表した。

新造するハイブリッド試験車両「FV-E991系」は、2019年6月にJR東日本が発表しているもの。車両には水素貯蔵ユニットや、燃料電池装置、ハイブリッド駆動システムなどを搭載。水素タンクに充填した水素で発電し、車両走行用の電力とする。3社は今回、FV-E991系が搭載するシステムのうち、燃料電池装置をトヨタ自動車が、燃料電池装置や主回路用蓄電池、電力変換装置といった機器を含むハイブリッド駆動システムを日立製作所が、それぞれ開発すると発表した。

FV-E991系は2両編成で、うち1両が電動車。最高時速は100キロとなる。水素貯蔵ユニットの最高充填圧力は70MPaで、51リットルの水素タンク5本で構成されるユニットを4つ搭載する。

車両の愛称は「HYBARI(ひばり)」。「"HY"drogen-"HYB"rid "A"dvanced "R"ail vehicle for "I"nnovation」(変革を起こす水素燃料電池と主回路用蓄電池ハイブリッドの先進鉄道車両)をイメージした。車両デザインは、燃料電池の化学反応から生まれる水を、碧いしぶきと大地を潤すイメージで捉え、スピード感と未来感を持たせた。車両前面と側面には、車両に新しいエネルギーを吹き込むイメージをデザインし、ひばりをモチーフとしたロゴを描く。

FV-E991系の実証試験は、2022年3月ごろに開始予定。鶴見線、南武支線(尻手~浜川崎間)、南武線尻手~武蔵中原間で試験を実施するとしている。

2020年10月6日(火)15時43分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全6件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全8件

FV-E991系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

北陸新幹線50%割引

北陸新幹線に50%割引で乗車可能なきっぷが発売。設定期間は11月1日から30日まで。

画像

三鷹のこ線橋、撤去へ

三鷹車両センターの上に架かり、あの作家も愛したこ線橋。撤去の方針が決定されました。

画像

相模線E131系デビュー日決定

相模線E131系の営業運転開始日が決まりました。相模線での運転開始日は…

画像

キハ283系来春引退へ

JR北海道が、来春のダイヤ改正概要を発表。キハ283系の定期運用終了、「おおぞら」減車など。

画像

紳士的な「編成写真」を撮る

鉄道カメラマンが「編成写真」を撮る時に考え、配慮していることとは。鉄道写真なんでもゼミ

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: