JR東、常磐線内原駅の橋上駅舎化工事に着手

2020年9月18日(金)19時46分

新駅舎(イメージ)
新駅舎(イメージ)

JR東日本水戸支社は18日、常磐線内原駅の南北自由通路と橋上駅舎化の工事に着手すると発表した。

新駅舎のデザインは、農業が盛んな地域の駅として、農家をイメージしたもの。屋根は既存駅舎の形状を継承した大屋根で、内部空間の構築や、周辺の街並みとの調和を図る。駅舎と各ホームの間には、エレベーターを設置する。

自由通路は幅約4メートル、延長約40メートル。両駅前広場にはエレベーターや公衆トイレを設置する。

新駅舎の工事は、2020年9月に着手。供用開始は2023年春ごろを予定する。

2020年9月18日(金)19時46分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全7件

内原駅 橋上駅舎化で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全3件

鉄道コムおすすめ情報

画像

日高本線不通区間が廃止に

JR北海道が、日高本線鵡川~様似間の廃止届を提出。廃止予定日は2021年11月1日。

画像

Osaka Point

大阪メトロや大阪シティバスの乗車などでポイント積算。10月27日にサービス開始。

画像

E2系ダイジェスト

高速化と急勾配に対応した汎用車両E2系。その活躍の歴史と今を紹介します。

画像

きんてつオンライン鉄道まつり

「きんてつ鉄道まつり」が、今年はオンラインで開催。10月24日より動画を順次配信。

画像

リニア改良型試験車

10月19日に公開された、山梨リニア実験線のL0系改良型。その車内や乗り心地は?

画像

10月の鉄道イベント一覧

朝晩は冷える季節となりました。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 高松琴平電鉄琴平線三条~太田間複線化[2020年秋]
  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度下半期]
  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 只見線会津川口~只見間復旧[2022年]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 北広島駅改修工事設備供用開始[2023年2月]
  • 武蔵小杉駅横須賀線下り新ホーム供用開始[2022年度末]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: