JR東、携帯電話回線を活用した列車制御システムの試験を開始

2020年9月4日(金)10時36分

新たな列車制御システムの概要
新たな列車制御システムの概要

JR東日本は3日、GNSS(全地球航法衛星システム)や携帯無線通信網(4G・LTE回線)を活用した、ローカル線向けの新たな列車制御システムの開発を進めていると発表した。

新たな列車制御システムは、GNSSにより列車位置を把握し、携帯無線通信網で地上~車上間の情報を伝送するもの。踏切制御や列車速度の制御が可能なシステムで、GNSSや4G・LTE回線を使用するものでは世界初という。

同社では、埼京線や仙石線で、無線制御システム「ATACS」を導入しているが、新たなシステムとは異なり、専用無線回線を使用している。新たな列車制御システムでは、一般の携帯電話回線を活用するため、災害等で通信輻輳が発生し、列車の運行が不能となる可能性があるものの、一般無線回線を活用することで、ATACSよりもコストを削減できる。

同社は当初、列車制御システムのうち、踏切制御機能の試験を実施する。従来の踏切では、列車走行位置や踏切の制御、踏切内障害物の検知・伝達などに使用するため、ケーブルを多数敷設している。新システムでは、列車走行位置はGNSS、列車接近による踏切の制御や踏切内障害物の伝達は携帯無線通信網を活用することで、踏切制御に関わるケーブルを大幅に削減する。また、踏切内の異常を検知した場合、従来では運転士による手動でのブレーキ操作が必要だったが、新システムでは自動ブレーキ制御が可能となる。新システムの導入で、設備の減少による輸送安定性の向上や、メンテナンスコストの約20%の削減を目指すとしている。

JR東日本は、9月から2021年1月にかけて、八高線高崎~高麗川間において、GV-E400系を使用して試験を実施する予定。その後、試験結果を評価した上で、2024年度の導入を目指すとしている。なお、列車速度制御機能については、2021年度の試験を予定している。

2020年9月4日(金)10時36分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全21件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全145件

無線式保安装置で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全23件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「国鉄型車両」に一票を

185系、485系「華」、117系、123系、201系、213系、キハ54形、14系客車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

内原駅橋上駅舎化

常磐線内原駅の橋上駅舎化工事が9月に開始。新駅舎は2023年頃竣工予定。

画像

或る列車に乗るたび

10月23日、11月13日、かわせみ やませみ、或る列車で熊本~博多間を往復するツアーが催行。

画像

「銀河」は山陽方面へ

「WEST EXPRESS 銀河」が、12月12日から2021年3月まで、大阪~下関間で昼行特急として運転。

画像

叡電 青の723号車

10月18日、叡山電鉄の700系723号車リニューアル車両が運転を開始。17日には同車両の撮影会、貸切運転も。

画像

8000系に記念HM

デビュー当時の姿を復元した「Classic8000・8300」に、9月24日から記念ヘッドマークを掲出。

画像

9月の鉄道イベント一覧

いつもと違う秋に。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

駅つなゲー モデルプラン

全国の駅を「しりとり」「あたまとり」などでつなぐ「駅つなゲー」。テーマを決めてつなぐ例を紹介します。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本新長距離列車導入[2020年9月11日(金)]
  • 七尾線521系導入開始[2020年10月3日(土)]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年10月17日(土)]
  • JR北海道「はまなす」編成運用開始 [2020年10月頃]
  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 東所沢駅リニューアル工事完了[2020年末]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: