日光に乗り入れるSL列車「ふたら」を10月より運転、東武

2020年8月5日(水)17時58分

SL大樹「ふたら」のヘッドマーク(イメージ)
SL大樹「ふたら」のヘッドマーク(イメージ)

東武鉄道は5日、東武日光駅を発着するSL列車「SL大樹『ふたら』」を運行すると発表した。

SL大樹「ふたら」は、東武日光線の下今市~東武日光間で新たに運転する列車。東武鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉間で2017年より運行している「SL大樹」と同様、SLと客車3両、ディーゼル機関車の5両編成で運転する。

この列車の運転は、同社の「SL復活運転プロジェクト」の当初の理念である、「日光・鬼怒川エリアの活性化」を目的に実施するものだという。SLが日光エリアに乗り入れることで、日光・鬼怒川温泉・今市の3つのエリアが互いに連動し、地域の回遊性向上を目指す取り組みだとしている。

列車名の「ふたら」は、男体山の旧名である二荒山(ふたらさん)に由来する。SLが東武日光駅までの運転を開始するにあたり、鉄道産業文化遺産であるSLとともに、男体山をはじめとした奥日光の雄大な自然や、世界遺産「日光の社寺」等の威風堂々とした姿を感じてもらいたいという思いを込めたという。

SL大樹「ふたら」の運転開始日は、2020年10月3日。当面の間は臨時列車としての運転となる。初日は団体臨時列車として運転し、以降2020年度内は月1日程度設定する。

また同社は、鬼怒川線のSL大樹について、従来のC11形207号機に加え、2020年にC11形325号機を導入したことから、2021年夏以降は平日を含めた毎日運転を実施するとしている。

2020年8月5日(水)17時58分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全22件

SL大樹「ふたら」で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全2件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「国鉄型車両」に一票を

キハ183系、キハ47形、105系、113系、211系、415系、713系、50系客車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

お披露目された「36ぷらす3」

JR九州の新D&S列車「36ぷらす3」。黒いデザインとなった外観や、大きく変わった車内などをご紹介します。

画像

鉄路復旧の代わりに走るBRT

相次ぐ災害で被害を受ける鉄道。復旧手段として、近年はバス専用道を活用する「BRT」が取り上げられることがあります。

画像

半蔵門線に新型車両導入

半蔵門線の新型車両「18000系」。2021年上半期より順次営業運転を開始。

画像

熊電のくまモン1号引退

熊本電気鉄道の6000形「くまモンのラッピング電車」1号が11月27日をもって運転終了。10月から引退イベントも。

画像

渋谷駅「玉川改札」

9月25日をもってその役目を終えたJR渋谷駅の「玉川改札」。同改札の由来などを紹介します。

画像

10月の鉄道イベント一覧

朝晩は冷える季節となりました。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 西日本鉄道駅集中管理方式導入[2020年10月1日]
  • SL大樹「ふたら」運転開始[2020年10月3日(土)]
  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年10月3日(土)]
  • 藍よしのがわトロッコ運転開始[2020年10月10日(土)]
  • JR九州36ぷらす3運転開始[2020年10月16日(金)]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]
  • JR北海道キハ40形塗装復刻車両運転開始[2020年秋]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: