東武、SL1両を新たに譲受

2020年7月20日(月)16時0分

譲受するSL「C11形325号機」
譲受するSL「C11形325号機」

東武鉄道は20日、真岡鐵道で運行していたSL「C11形325号機」を、7月30日に譲受すると発表した。

C11形325号機は、1946年に製造された車両。1998年に動態保存車両として復活し、真岡鐵道の「SLもおか」号などで運転されていた。2019年に同車の入札が行われ、東武鉄道が応札。今回の譲受に至った。

また、東武鉄道は、C11形325号機の導入にあわせ、JR東日本から譲受したディーゼル機関車「DE10形1109号機」と、JR北海道より譲受した14系客車「スハフ14-501」の運用を開始すると発表した。

DE10形1109号機は、青森駅構内の入換作業などに従事していた車両。今回の譲受に際し、かつてJR北海道が所有したDD51形をイメージした塗装に変更している。

スハフ14-501は、リクライニングシートを備えた客車。2016年3月までは札幌~青森間を走る急行「はまなす」に使用されていた。

C11形325号機の運用開始時期は、2020年12月を予定。DE10形1109号機とスハフ14-501については、同年8月の運用開始を予定する。東武鉄道は、これらの譲受した車両の運用開始によって、鬼怒川線で運行するSL「大樹」を、土休日を中心に最大4往復8本体制とする。

なお、東武鉄道では、日本鉄道保存協会から2018年11月に譲受したSL「C111」の復元作業を進めているが、同車については、修繕・要部品新製箇所の数や新型コロナウイルスの影響で作業が遅延しており、完成目処を2021年冬に延期するとしている。

2020年7月20日(月)16時0分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全130件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全57件

C11 325 東武で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全31件

鉄道コムおすすめ情報

画像

高輪築堤保存へ

JR東日本が、「高輪築堤」の2か所を現地で、1か所を移設して保存する方針を発表。

画像

肥前山口駅が駅名変更へ

肥前山口駅が、2022年度秋頃の九州新幹線開業にあわせ、「江北(こうほく)」駅へ駅名を変更。

画像

東武大師線で自動運転

東武鉄道が、大師線で添乗員付き自動運転の検証を実施。2023年度から。

画像

キハ40急行さと山号

小湊鉄道キハ40形の定期列車投入を前に、急行「さと山」号が4月23日・24日に運転。

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • ロマンスカーミュージアム開業[2021年4月19日(月)]
  • 常磐線・水戸線踏切用再生バッテリー試行導入[2021年4月以降]
  • JR北海道「ラベンダー」編成運用開始[2021年5月8日(土)]
  • 小湊鉄道キハ40系営業運転開始[2021年春]
  • GV-E197系・E493系先行投入[2021年春以降]
  • 南海Visaのタッチ決済実証実験[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: