JR東、新幹線車両に台車モニタリング装置を搭載

2020年7月7日(火)14時33分

台車モニタリング装置の概要
台車モニタリング装置の概要

JR東日本は7日、2021年秋以降に落成する新幹線車両に、「台車モニタリング装置」を搭載すると発表した。

台車モニタリング装置は、空気ばねの圧力センサーや台車の振動センサーから取得したデータを基に異常の有無を判定するもの。異常が発生した場合には運転士に通知することで、台車枠の亀裂などを早期に検知し、信頼性の向上を実現する。

台車モニタリング装置の使用開始時期は、2023年春の予定。JR西日本の北陸新幹線用車両でも、台車モニタリング装置を搭載し、同時期に使用を開始する。JR東日本では、既存車両への搭載についても、施工方法の検討を進めるとしている。

2020年7月7日(火)14時33分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「九州の路線」に一票を

鹿児島本線、久大本線、肥薩線、吉都線、篠栗線、平成筑豊鉄道、南阿蘇鉄道…

鉄道コムおすすめ情報

画像

京阪特急70周年

京阪特急の誕生70周年を記念したヘッドマークが、8月15日より8000系に掲出。

画像

鉄道の未来展

ジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。N700Sの塗装前構体などを展示。

画像

Mt.TAKAO号

京王の臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」が、15・16日に運転。上りの臨時「京王ライナー」も。

画像

メトロ17000系

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が報道公開されました。新しい車両を要チェック!

画像

まもなく置き換え開始

まもなく本格置き換えが始まる、東京メトロの7000系。活躍を振り返ります。

画像

8月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番。夏の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 高松琴平電鉄琴平線三条~太田間複線化[2020年秋]
  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度下半期]
  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 北広島駅改修工事設備供用開始[2023年2月]
  • 武蔵小杉駅横須賀線下り新ホーム供用開始[2022年度末]
  • 九州新幹線武雄温泉~長崎間開業[2022年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: