鉄道コム

JR東、全天候で保守作業が可能な保線機械を導入

2020年6月23日(火)17時51分

移動作業車の車内
移動作業車の車内

JR東日本水戸支社は19日、新型保守用車「MMU(Mobile Maintenance Unit)」を試験導入すると発表した。

MMUは、移動作業車と材料運搬車の2両からなる機械。日本では初めての導入となる。

移動作業車は、車両中央に保守作業用の空間を持つ車両。屋根や壁に覆われた空間内で、天候に左右されず保守作業を実施できる。また、連結する材料運搬車からクレーンによる資材や工具の運搬もできる。

材料運搬車は、レールを始めとする資材などを運搬する車両。パワーリフターやホイストクレーンを装備しており、重量物も取り扱える。また、屋根上には点検台を有し、架線設備の点検作業が可能となっている。

MMUの導入は、「より安全・快適・効率的な将来のメンテナンス業務の革新と実現」に向けたもの。2020年度下期以降、常磐線富岡~原ノ町間での試験・試行を実施し、他エリアへの展開を検討する。2021年度には、鉄道設備の状態測定機器を搭載した検査駆動車1両を導入し、MMUと連結してインテグレート保守用車「GMAC」として運用するとしている。

2020年6月23日(火)17時51分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

JR東日本 MMUで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全2件

鉄道コムおすすめ情報

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

「SL大樹」の展望車

「SL大樹」用に改造された12系展望車が報道公開されました。気になる展望室の様子は?

画像

望遠レンズで「編成写真」

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。望遠レンズを使った編成写真撮影のコツとは

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2021年12月18日(土)]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 東武鉄道C11形動態復元[2021年冬]
  • とれいゆ つばさ運転終了[2022年3月]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: