JR貨物、IoT機器の導入で手ブレーキ解除漏れ防止へ

2020年6月16日(火)15時56分

手ブレーキ検知システムの概要
手ブレーキ検知システムの概要

JR貨物、JR東日本コンサルタンツは16日、KDDIと協力し、IoT(Internet of Things)を活用した「手ブレーキ検知システム」を共同開発したと発表した。

貨物車両には、車両の留置時に手動で操作する「手ブレーキ」が装着されている。貨物列車の発車前には、係員が手ブレーキを都度確認して手動で解除しているが、万が一解除漏れが発生した場合、車両の引きずりなどの事故につながる恐れがある。

今回開発したシステムでは、コンテナ車にIoT端末を搭載。これまで目視で確認していた手ブレーキの状態を、駅構内や機関車運転台などに設置したモニター画面から、遠隔で確認できるようにする。また、手ブレーキを解除しないまま発車しようとした場合、運転士や担当係員に通知する。

JR貨物は、2020年度下期以降、保有する約7200両のコンテナ車全車両へこのシステムを搭載するとしている。

2020年6月16日(火)15時56分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: