鉄道コム

三菱重工、日暮里・舎人ライナー用車両12本を受注

2020年6月16日(火)15時42分

日暮里・舎人ライナーの従来車両
日暮里・舎人ライナーの従来車両

三菱重工エンジニアリング(MHIENG)は16日、東京都交通局の日暮里・舎人ライナー用車両12本60両の製造を受注したと発表した。

2008年に開業したAGT(自動案内軌条式輸送システム)路線の日暮里・舎人ライナーは、開業以来利用者が増加し続けており、混雑の緩和が求められてきた。MHIENGでは、座席配置の工夫や車体の軽量化によって輸送力を強化した330形を、2015年度と2019年度に納入。同線の混雑緩和に寄与してきた。

MHIENGは今回、東京都交通局より12本60両の車両製造を受注。次世代型シート「G-Fit」の採用などにより、従来車両よりも輸送力を高めた車両を製造する。この車両の投入により、日暮里・舎人ライナーの既存車両を置き換え、朝夕を中心とする混雑緩和に貢献するとしている。

日暮里・舎人ライナーでは、開業時に投入された300形12本、開業以降に追加投入された同形式4本、2017年度に投入された320形1本、2015年度と2019年度に投入された三菱重工業・MHIENG製の330形が3本在籍している。このうち300形については一部座席がクロスシートとなっており、他形式よりも定員が少なくなっている。東京都交通局では、2019年に発表した「東京都交通局経営計画2019」において、座席を全てロングシート化した車両へ、2022年度以降に順次更新するとしていた。

2020年6月16日(火)15時42分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全52件

日暮里・舎人ライナーで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全9件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

E235系、789系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

駒沢大学駅リニューアル

東急電鉄が、駒沢大学駅のリニューアル工事を開始。地下区間の他4駅も順次リニューアルへ。

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]
  • 相模線E131系導入[2021年秋ごろ]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: