鉄道コム

JR東、北陸新幹線車両基地などの浸水対策について発表

2020年5月28日(木)12時23分

長野新幹線車両センターの被災設備浸水対策イメージ
長野新幹線車両センターの被災設備浸水対策イメージ

JR東日本は27日、鉄道施設等の浸水対策についての方向性を発表した。

2019年10月に発生した台風19号では、千曲川の決壊によって北陸新幹線の長野新幹線車両センターが浸水し、各施設や留置中の車両が被害を受けた。同社ではこれを受け、今後浸水が想定される鉄道施設や車両の浸水対策について検討してきた。

長野新幹線車両センターについては、昨年浸水した設備、および計画規模降雨により浸水が想定される設備のうち、本線や車両基地内への電力供給・信号制御を担う電気設備については、万一の際に列車の運行へ大きな影響を与えるため、設備のかさ上げが必要となる。また、車両検修庫等については、止水板や止水壁の設置が必要としている。その他の車両基地操業に必要な機器等については、予備品の確保や他箇所での代替による機能確保が必要としている。

その他の車両基地等については、洪水などで浸水した場合に列車が運行不能となる設備を対象とする。かさ上げや止水板の設置等のハード対策、予備品の確保や代替設備の活用等のソフト対策を、各設備の重要度に応じた対策を設備ごとに検討するとしている。ハード対策を検討している対象は、現時点で最大約400箇所程度を想定しているという。

なお、長野新幹線車両センターなどの一部施設は、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が財産を所有し、JR東日本に貸し付ける形となっている。そのため、同社では鉄道・運輸機構と協議の上、対策を進めていくとしている。

また、長野新幹線車両センターの浸水事案では、留置中の新幹線車両が避難できなかったことも問題となった。同社ではこれを受け、車両避難対策も発表。ハザードマップ等を活用して、浸水被害が想定される車両留置箇所を抽出し、それぞれの箇所毎に車両避難の判断を支援する指標を整備する。この指標に加え、台風の進路等の一般の気象情報を含めて車両の避難を総合的に判断し、台風などの異常気象時に車両の浸水被害防止を図るとしている。

2020年5月28日(木)12時23分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全4件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • はやとの風運転終了 [2022年度]
  • 近鉄「あをによし」営業運転開始[2022年4月29日(金・祝)]
  • 横浜市ブルーライン4000形営業運転開始[2022年5月]
  • JR東日本グリーン車など料金改定[2022年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: