JR東、業務支援システムを東京総合指令室に導入

2020年5月22日(金)16時11分

システムの利用イメージ
システムの利用イメージ

JR東日本とNECは22日、クラウド・AI技術を活用した業務支援システムを構築し、JR東日本の東京総合指令室に導入すると発表した。

東京総合指令室が管轄するエリアでは、直通運転の増加などによる首都圏の鉄道輸送サービスの向上に伴い、運行形態が複雑さを増している。一方、列車運行を管理する東京総合指令室では指令員の世代交代が加速しているといい、輸送品質の維持・向上に向け、より効果的な技術継承の仕組みや指令員の判断支援の高度化が求められていた。

新たに導入する業務支援システムでは、NECのAI技術を活用し、過去の事例などといった業務ノウハウのデジタル化を推進。このデータに基いて提案する判断支援機能や、平常時に教育コンテンツとして活用するための技術継承支援機能を盛り込む。また、クラウドサービスを活用した情報共有基盤を構築し、輸送障害対応状況の共有・可視化を促進する。

このシステムは、5月25日に稼働を開始する予定。JR東日本では、業務支援システムの導入によって輸送障害発生時の関係箇所間のスムーズな連携や指令員の判断支援を実現し、利用者への影響拡大防止に努めるとしている。

2020年5月22日(金)16時12分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

函館市電、都電荒川線、万葉線、豊橋鉄道、伊予鉄道、長崎電気軌道、熊本市電…

鉄道コムおすすめ情報

画像

新宿駅自由通路

7月19日、新宿駅の東西自由通路が供用開始。あわせて一部改札口の名称を変更。

画像

懐かしの特急 記念乗車券

えちごトキめき鉄道が「なつかしの特別急行列車シリーズ」として記念乗車券セットを発売。6月1日、予約受付を開始。

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

東日本の少数派車両たち

さまざまな理由で少数のみが製造された車両たち。北海道・東日本エリアで活躍している車両をご紹介します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。

鉄道未来インデックス

  • 北神急行電鉄線譲渡[2020年6月1日(月)]
  • 日比谷線直通列車有料座席サービス導入[2020年6月6日(土)]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]
  • JR北海道「はまなす」編成運用開始 [2020年10月頃]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年10月頃]
  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年秋頃]
  • JR北海道キハ40形塗装復刻車両運転開始[2020年秋]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: