JR東海、新たな降雨運転規制を導入

2020年5月18日(月)14時20分

土石流発生危険度評価システムの概要
土石流発生危険度評価システムの概要

JR東海は15日、在来線に新たな概念に基づいた降雨運転規制を導入すると発表した。

同社では、駅などに設置した147か所の雨量計を用い、降雨量が規制値に達した際に徐行や列車抑止を実施することで安全を確保している。同社が新たに導入する降雨運転規制では、「土壌雨量」と「土石流発生危険度評価システム」を用い、より一層の安全確保を目指す。

土壌雨量を用いた運転規制は、土壌中に浸み込んでいる水分量を考慮するもの。現在は過去1時間の降雨量「時雨量」と、降り始めからの単純な累積の「連続雨量」を用いているが、土砂災害の発生危険度は土壌が含む水分量によって高まるため、新たな指標を用いる。

土石流発生危険度評価システムは、渓流ごとに現場調査を実施したうえでそれぞれの地形、地質を考慮した評価システムを構築するもの。これまでの基準では、線路から離れた場所での土石流発生危険度が高まったことを事前に把握し、運転規制を実施することは困難だったという。新たに導入するシステムでは、渓流域のレーダー雨量から土石流発生の危険度をリアルタイムに評価でき、危険度が高まった渓流を含む運転区間に警報を出し、運転規制を実施することができる。

新たな降雨運転規制の使用開始時期は、6月1日。なお、土石流発生危険度評価システムを鉄道の運転規制に取り入れるのは国内初の事例になるという。

2020年5月18日(月)14時20分更新

該当するブログ記事はありません

JR東海 雨 規制で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全19件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: