鉄道コム

JR東海、新たな降雨運転規制を導入

2020年5月18日(月)14時20分

土石流発生危険度評価システムの概要
土石流発生危険度評価システムの概要

JR東海は15日、在来線に新たな概念に基づいた降雨運転規制を導入すると発表した。

同社では、駅などに設置した147か所の雨量計を用い、降雨量が規制値に達した際に徐行や列車抑止を実施することで安全を確保している。同社が新たに導入する降雨運転規制では、「土壌雨量」と「土石流発生危険度評価システム」を用い、より一層の安全確保を目指す。

土壌雨量を用いた運転規制は、土壌中に浸み込んでいる水分量を考慮するもの。現在は過去1時間の降雨量「時雨量」と、降り始めからの単純な累積の「連続雨量」を用いているが、土砂災害の発生危険度は土壌が含む水分量によって高まるため、新たな指標を用いる。

土石流発生危険度評価システムは、渓流ごとに現場調査を実施したうえでそれぞれの地形、地質を考慮した評価システムを構築するもの。これまでの基準では、線路から離れた場所での土石流発生危険度が高まったことを事前に把握し、運転規制を実施することは困難だったという。新たに導入するシステムでは、渓流域のレーダー雨量から土石流発生の危険度をリアルタイムに評価でき、危険度が高まった渓流を含む運転区間に警報を出し、運転規制を実施することができる。

新たな降雨運転規制の使用開始時期は、6月1日。なお、土石流発生危険度評価システムを鉄道の運転規制に取り入れるのは国内初の事例になるという。

2020年5月18日(月)14時20分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全3件

JR東海 雨 規制で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全21件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

E235系、789系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

「East i」見学ツアー

白石蔵王駅で、新幹線検測車「East i」の車内外を見学できるツアーが、9月11日に開催。

画像

「スーパーはつかり」が復活

9月4日、団体臨時列車として「スーパーはつかり」復活。18日には八戸発「つがる」リバイバルも。

画像

1800系塗装リバイバル

「りょうもう」用200型2編成が、1800系塗装に。8月7日から順次運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • 札幌市M100形営業運転終了[2021年10月31日(日)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]
  • 相模線E131系導入[2021年秋ごろ]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: