房総・鹿島エリアに新型車両「E131系」を導入、JR東

2020年5月12日(火)14時43分

E131系(イメージ)
E131系(イメージ)

JR東日本は12日、房総・鹿島エリアに新型車両「E131系」を投入すると発表した。

E131系は、ワンマン運転に対応した2両編成の車両。ステンレス製拡幅車体を採用する。外観は、房総の海をイメージした明るい青色と、菜の花の色をイメージした黄色の帯を配色。前面には、房総の海の波しぶきをイメージした水玉模様を描く。

車内は、一部にクロスシートを配置したセミクロスシートとし、座席幅も従来車両より拡大。一部ドア上には17インチの案内表示画面を設置し、運行情報を提供する。また、バリアフリー対策として、車いす対応大型トイレやフリースペースを設置するほか、ホームと車両床面の段差低減、吊り手高さの改善などを図る。

搭載機器では、制御装置にSiC素子を採用。半自動ドア機能や、線路設備のモニタリング機器も搭載する。また、ワンマン運転に対応するため、車両側面に乗降確認カメラを設置。セキュリティ向上策として、客室内防犯カメラを設置するほか、従来車両よりも非常通話装置を増設する。

E131系の営業運転開始予定は、2021年春頃。2両編成12本を投入する計画で、内房線木更津~安房鴨川間、外房線上総一ノ宮~安房鴨川間、鹿島線佐原~鹿島神宮間の3路線で運用する予定としている。

2020年5月12日(火)14時43分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2538件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全104件

E131系で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全282件

鉄道コムおすすめ情報

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

17000系デビュー

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が、2月21日に営業運転を開始。

画像

2月の鉄道イベント一覧

春のダイヤ改正まであとひと月。2月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • 西鉄天神大牟田線・貝塚線運賃変更[2021年3月6日(土)]
  • JR東タッチでエキナカサービス開始[2021年3月13日(土)]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: