鉄道コム

京急品川駅や北品川駅を改良、東京都が連続立体交差事業に着手

2020年4月2日(木)11時51分

改良後の品川駅断面図
改良後の品川駅断面図

東京都は1日、京浜急行電鉄本線の連続立体交差事業に着手すると発表した。

事業を展開するのは、京急本線のうち、泉岳寺~新馬場間約1.7キロメートルの区間。北品川駅を高架化し、補助第149号線(八ツ山通り)など踏切3か所を除却する。北品川駅は相対式2面2線で、保守線を1線設置する。また、品川駅を現在地より北側へ移設し、地平駅とする。

品川駅の移設は、北品川駅の高架線から品川駅現在線へと接続した場合、勾配や分岐器などの配置により、改良範囲が広くなることを受けたもの。地平化にあわせて、駅設備を現在の2面3線から2面4線へ増強。JR線と同じ2階に改札口やコンコースを設置し、利便性も向上させる。

連続立体交差事業は、1日に国土交通省から都市計画事業の認可を取得したもの。事業費は1247億円で、2020年度から2029年度にかけて実施する。東京都は、本事業による踏切の除却により、踏切遮断による交通渋滞及び踏切事故が解消され、道路と鉄道それぞれの安全性が向上するとしている。

2020年4月2日(木)11時51分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全7件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全175件

( 品川 OR 北品川 ) ( 高架化 OR 地平化 OR 2面4線 )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全141件

鉄道コムおすすめ情報

画像

モノレール浜松町駅工事へ

東京モノレールがモノレール浜松町駅の建て替え工事に本格着手。完成は2029年12月。

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

望遠レンズで「編成写真」

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。望遠レンズを使った編成写真撮影のコツとは

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: