武蔵小杉駅のホーム新設工事に着手、2022年度末ごろに供用開始

2020年3月26日(木)15時22分

新下りホーム(イメージ)
新下りホーム(イメージ)

JR東日本横浜支社は26日、横須賀線武蔵小杉駅の下りホーム新設工事に着手すると発表した。

ホームの新設は、武蔵小杉駅や駅周辺の混雑緩和・安全性向上を目的とするもの。同支社ではこれまで、入場専用臨時改札口やエスカレーターの設置、南武線ホームの一部拡幅などの対策を進めてきたが、抜本的な対策としてホームの新設を決定。2018年7月に川崎市と覚書を締結し、国に申請していた。同支社は今回、国から工事の認可が得られたとし、工事に着手すると発表した。

新たな下りホームは、15両編成対応の総延長311メートル。幅は約5メートルを確保する。従来のホームは上り専用とし、下り線側には柵を設置する。

工事の着工は、4月を予定。2022年度末ごろに供用を開始する。なお、川崎市と締結した覚書では、新ホームの供用開始後、横須賀線高架下東京寄りに新たな改札口を整備することが盛り込まれている。

2020年3月26日(木)15時22分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全20件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全353件

武蔵小杉 新 ホームで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全216件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い九州の列車に一票を

ななつ星in九州、みずほ、ハウステンボス、A列車で行こう、旅人、ことこと列車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

新たな路面電車「LRT」とは

富山県の富山港線のほか、宇都宮でも建設が進む「LRT」。その内容や導入効果をご紹介します。

画像

新「アンパンマン列車」導入

JR四国が、2700系の「アンパンマン列車」を新たに導入。運転開始予定は2020年夏。

画像

「鉄道王国」富山

路面電車や観光鉄道、地方都市最大級の私鉄が走る富山県。なぜここまで鉄道が広く普及したのでしょうか。

画像

リゾートみのり引退

陸羽東線を走る「リゾートみのり」が、6月28日をもって引退。最終日にはツアー専用列車「フィナーレ号」も運転。

画像

JR九州の「RED EYE」

設備点検用システムを811系に搭載した「RED EYE」。JR九州が4月1日から運用開始。

鉄道未来インデックス

  • 高松琴平電鉄琴平線三条~太田間複線化[2020年秋]
  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度下半期]
  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 北広島駅改修工事設備供用開始[2023年2月]
  • 武蔵小杉駅横須賀線下り新ホーム供用開始[2022年度末]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: