近鉄など、ブロックチェーンを活用した乗車券の実証実験に着手

2020年1月31日(金)15時26分

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

近畿日本鉄道は29日、三菱総合研究所、オムロン ソーシアルソリューションズ、chaintope、近鉄グループホールディングスと共同で、ブロックチェーン技術とQRコード活用したデジタル乗車券の実証実験を実施すると発表した。

実証実験は、企画乗車券のデジタル化や、地域活性化などを目指したもの。スマートフォンアプリでQRコード乗車券を発行し、自動改札機にかざすことより、通過時の日時記録や入出場可否判断などを実施する。これにより、乗車券をデジタル化した場合の利便性や業務効率化、コスト面や業務面の検証、ブロックチェーン技術を用いたチケット発行・管理システムなど技術面の検証を行う。

実証実験は、2月17日から23日にかけて実施。近鉄日本橋駅と近鉄八尾駅に実証実験用の自動改札機を設置し、参画各社の関係者約50人を対象に実施する。

ブロックチェーンは、取引記録をユーザーが共有し、各記録をチェーンのように繋ぐ暗号化技術。従来の中央集権的データ管理よりも耐改ざん性やコスト面で優れている。近鉄グループでは2017年以降、ブロックチェーン技術を活用した地域活性化への取り組みとして、デジタル地域通貨の実証実験を3回実施。2019年11月から2020年1月までの間には、ブロックチェーンを用いたデジタル地域通貨を期間限定で実用化した。

近鉄は、将来的な目標として、企画乗車券のデジタル化による販売チャネルの拡大、業務の効率化、デジタル地域通貨との連携やデータ分析による次世代型シームレスサービスの実現を掲げている。

2020年1月31日(金)15時26分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

700系、20年の歩み

まもなく引退する東海道新幹線700系。1999年のデビューからの歴史を振り返ります。

画像

201系が引退へ

JR西日本が225系を追加製造。捻出した221系により、大和路線などの201系は順次引退。

画像

6月に渋谷駅ホーム移設

埼京線渋谷駅のホームが、6月に山手線ホーム横へ移設。切換工事での一部列車・区間運休も。

画像

武庫川線に新デザイン車両

阪神武庫川線に、5500系の改造車を投入。車両のデザインテーマは「野球」。

画像

松戸駅の改良工事

松戸駅の駅改良工事が今春着手。東西通路の拡幅、改札内コンコースの拡張など。南側では駅ビルの建設も。

画像

2月の鉄道イベント一覧

JRダイヤ改正まであと1か月。2月のプランニングには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]
  • JR西日本新長距離列車導入[2020年5月8日(金)]
  • ディズニーリゾートライン新型車両導入[2020年5月21日(木)]
  • 只見線キハE120形営業運転開始[2020年春]
  • 沖縄都市モノレールSuica導入[2020年春]
  • 叡山電鉄貴船口駅リニューアル[2020年春]
  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2020年春ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: