JR東、QRコードに対応した改札機の実証実験を実施

2020年1月29日(水)16時17分

タッチしやすい改札機(イメージ)
タッチしやすい改札機(イメージ)

JR東日本は29日、新たな自動改札機「タッチしやすい自動改札機」の実証実験を実施すると発表した。

新型改札機は、乗客がストレスなく利用できる改札機を目指し開発しているもの。読み取り部は、車いす利用者でもタッチしやすいように、内側へ傾けたデザインとしている。また、SuicaなどのICカードに加え、QRコードにも対応する。

実証実験は、2月1日より新宿駅にて実施。3月14日に開業する高輪ゲートウェイ駅にも設置し、開業と同時に実証実験を始める。ICタッチ部の実証実験は、各駅とも5月10日まで。同11日から6月30日までの期間は、QRコードの実証実験を実施する。7月以降は予備期間とし、10月に順次撤去する予定。

QRコードの試験については、対象者は一般モニターなどに限定する。一方で、ICタッチ部の試験については範囲を限定しない。ICカード利用者であれば、試験期間中は誰でも新型改札機を利用できる。

2020年1月29日(水)16時17分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全39件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全50件

( JR東 OR 高輪ゲートウェイ ) ( タッチしやすい OR 新型 ) 改札機で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全51件

鉄道コムおすすめ情報

画像

201系が引退へ

JR西日本が225系を追加製造。捻出した221系により、大和路線などの201系は順次引退。

画像

6月に渋谷駅ホーム移設

埼京線渋谷駅のホームが、6月に山手線ホーム横へ移設。切換工事での一部列車・区間運休も。

画像

札幌市の車両基地ツアー

札幌市営地下鉄が、車両基地見学モニターツアーを3月17日に開催。15日にはトンネル見学ツアーの開催も。

画像

松戸駅の改良工事

松戸駅の駅改良工事が今春着手。東西通路の拡幅、改札内コンコースの拡張など。南側では駅ビルの建設も。

画像

青春18きっぷ発売

青春18きっぷの発売期間などが発表。2020年春季の発売開始日は2月20日。

画像

2月の鉄道イベント一覧

JRダイヤ改正まであと1か月。2月のプランニングには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 新型名阪特急運転開始[2020年3月14日(土)]
  • JR西日本新長距離列車導入[2020年5月8日(金)]
  • 新幹線特大荷物事前予約制導入[2020年5月中旬]
  • ディズニーリゾートライン新型車両導入[2020年5月21日(木)]
  • 只見線キハE120形営業運転開始[2020年春]
  • 沖縄都市モノレールSuica導入[2020年春]
  • 叡山電鉄貴船口駅リニューアル[2020年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: