東芝、ドイツ向けハイブリッド機関車を受注

2020年1月27日(月)15時32分

ハイブリッド機関車完成(イメージ)
ハイブリッド機関車完成(イメージ)

東芝インフラシステムズは23日、同社のドイツ現地法人が、ドイツ鉄道の鉄道貨物事業子会社であるDB Cargo AGより、ディーゼル電気ハイブリッド機関車50両の設計・製造・供給契約を受注したと発表した。

今回受注した車両は、ディーゼル発電機で発電した電力、およびバッテリーからの電力を使用する駆動システムを搭載したハイブリッド機関車。ヤード内の入換作業や工場構内での運搬のほか、本線での軽負荷運行が可能な性能を持つ。同社が開発したリチウムイオン二次電池「SCiB」と、永久磁石同期電動機(PMSM)の採用により、従来のディーゼルエンジンのみを搭載した機関車より30%以上の排出ガス低減を目指す。

東芝インフラシステムズでは、JR貨物のハイブリッド機関車「HD300形」を製造し、実績を上げている。また、JR西日本のクルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」用キハ87形のハイブリッド駆動システムや、東京メトロ1000系の非常走行用電源装置などにおいて、SCiBが採用されている。

受注したハイブリッド機関車は、DB Cargo AGのメンテナンス工場で製造。2021年から製造に向けた準備を開始するとしている。

2020年1月27日(月)15時32分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

ラベンダー編成デビュー

キハ261系「ラベンダー」編成が、5月8日の臨時列車「HOKKAIDO LOVE! FURANO」号でデビュー。

画像

羽田空港アクセス線の現状

JR東日本が計画を進める新路線「羽田空港アクセス線」。その予定地の現状は?

画像

路線名は「西九州新幹線」

九州新幹線武雄温泉~長崎間の路線名は「西九州新幹線」に。2022年秋ごろ開業予定。

画像

東海道新幹線乗り放題

東海道新幹線が乗り放題のワーケーションプラン。1人1室6泊7日で9万円から。

画像

車両愛称が発表

「芳賀・宇都宮LRT」の車両愛称は「ライトライン」に。全19停留場の正式名称も発表。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

鉄道未来インデックス

  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: