横浜市、上瀬谷地区に新たな交通機関を整備

2020年1月27日(月)14時22分

横浜市は24日、瀬谷区と旭区にまたがる「旧上瀬谷通信施設」地区に、新たな交通機関「(仮称)都市高速鉄道上瀬谷ライン」を整備する計画を発表した。

旧上瀬谷通信施設は、アメリカ海軍が所在していた元通信基地。戦後に在日米軍により接収されていたが、2015年に約242ヘクタールの施設全域が返還された。横浜市は同地区の土地利用計画として、2019年12月に「旧上瀬⾕通信施設⼟地利⽤基本計画」を発表。「観光・賑わいゾーン」や「物流ゾーン」などを整備するほか、まちづくりによる交通需要増加への対応のため、「新たな交通の導入」に触れていた。

計画では、相鉄本線瀬谷駅付近に設置する「(仮称)瀬谷駅」から、通称「海軍道路」に並行して北上、旧上瀬谷通信施設内の「(仮称)旧上瀬谷駅」を経由し、「(仮称)上瀬谷車両基地」までの約2.8キロを複線で整備する。瀬谷~上瀬谷間は地下式または高架式、上瀬谷~車両基地間は地表式または高架式で建設。車両基地は地表式となる。

導入方式については、横浜市は「中量軌道輸送システム」としている。中量軌道輸送システムには、新交通システム(AGT)やモノレール、LRTなどが含まれる。横浜市は、周辺環境への影響や経済性などを総合的に比較検討し、導入方式を決定するとしている。

横浜市は、2021年度までに着工準備を進め、2022年度から5年程度で整備事業を進めるとしている。

2020年1月27日(月)14時22分更新

鉄道コムおすすめ情報

画像

ラベンダー編成デビュー

キハ261系「ラベンダー」編成が、5月8日の臨時列車「HOKKAIDO LOVE! FURANO」号でデビュー。

画像

羽田空港アクセス線の現状

JR東日本が計画を進める新路線「羽田空港アクセス線」。その予定地の現状は?

画像

路線名は「西九州新幹線」

九州新幹線武雄温泉~長崎間の路線名は「西九州新幹線」に。2022年秋ごろ開業予定。

画像

東海道新幹線乗り放題

東海道新幹線が乗り放題のワーケーションプラン。1人1室6泊7日で9万円から。

画像

車両愛称が発表

「芳賀・宇都宮LRT」の車両愛称は「ライトライン」に。全19停留場の正式名称も発表。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり……駅名をつないで旅行気分。自宅でも盛り上がれる「駅つなゲー」はいかが?

鉄道未来インデックス

  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]
  • 新田駅新駅舎供用開始[2021年末]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: